台風11号 今後の進路と影響 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風11号 今後の進路と影響

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

台風11号情報(17日6時現在)

台風11号情報(17日6時現在)

中国、四国、近畿に発達した雨雲

中国、四国、近畿に発達した雨雲

台風11号は17日午前6時過ぎに岡山県倉敷市付近に再上陸。この後、中国地方を北上する見込み。台風の進路にあたる中国地方はもちろんのこと、台風から離れた地域でも大雨や強風、高波などに十分な注意を。台風11号は、17日6時現在、岡山県倉敷市付近を1時間に20キロと自転車並みの速さで北上しています。
このあと、台風は中国地方を縦断し、午後には日本海に抜ける見込みです。
その後、進路をやや東よりに変えながら、17日18時には山陰沖、18日6時には能登半島に進み、19日3時には熱帯低気圧に変わる見込みです。

中国、四国、近畿 今日いっぱい荒れた天気

台風本体の雨雲がかかっている中国、四国、近畿では、滝のような非常に激しい雨の降っている所があります。
下のリンク「熊野川中流で氾濫発生」にあるように、昨日からの大雨で、氾濫した川や、氾濫の危険性の高くなっている川があります。また、地盤が緩んでいる地域があります。
広い範囲での雨のピークは、今日の昼前後までで、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降るおそれがあります。その後も、今夜にかけて、雨が降ったり止んだりとなる見込み。
雨の降り方が弱まってきても、
しばらくは川の水位の高い状態が続いたり、さらに増水する危険性もあります。
また、土砂災害にも、引き続き警戒が必要です。
地元の気象台や、自治体からの情報に、十分にお気を付けください。
また、強い風にも、「きょういっぱい」注意が必要です。
すでに、大雨や強風などで、交通機関が乱れている所があり、今後さらに影響が拡大することが考えられます。気象情報に加え、交通情報も十分に確認してください。

東海や関東 いま雨が止んでいても、急な激しい雨に注意

台風周辺の湿った空気が流れ込んでいるため、台風から離れている東日本でも大気の状態が不安定となっています。
今朝8時現在、静岡県内で雨雲が発達しているほかは、雨が弱まっている、あるいは止んでいる所が多くなっています。
ただ、各地、きょういっぱい、雨の降りかたに注意が必要です。
急に発達した雨雲がかかって、ザーーっと強い雨が降るおそれがあります。
局地的には、1時間に50ミリ以上と、あっという間に道路が川のようになるほどの
非常に激しい雨が降る見込みです。
東海や関東も、昨日からの大雨で地盤の緩んでいる所、増水している川がありますので
引き続き、土砂災害、川の増水や氾濫に警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい