火曜日も体にこたえる暑さ その先は? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

火曜日も体にこたえる暑さ その先は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

13日月曜は各地で気温が上昇。新潟や秋田では38度を超え、体にこたえる暑さとなりました。この暑さは14日火曜も続きそう。引き続き、熱中症対策が必要です。

14日火曜は猛烈な暑さ 15日水曜以降もムシムシ

13日月曜は東北や北陸、関東の内陸部を中心に気温がグングン上昇。新潟県高田では38度5分まで上がり、今年の全国の最高気温を記録。35度以上の猛暑日となったのは、全国のアメダス928地点中122地点。100地点以上で猛暑日を観測するのは、1年に数回しかないこと。年に何度もない暑い一日でした。
さて、この先の気温はどうなるのでしょうか?全国の真夏日・猛暑日地点の割合の予想を、下のグラフにまとめました。詳しく見ていきましょう。
【14日火曜】
13日と同じくらいの暑さになる見込み。13日に比較的涼しかった旭川や青森では、急な暑さに注意してください。日中はもちろんですが、夜も気温が下がらず、寝苦しくなりそうです。
【15日水曜】
猛暑日地点は減りますが、広い範囲で30度前後の予想。日本の南海上を北上する台風11号から湿った空気が流れ込み、ムシムシ感は増しそうです。
【16日木曜~17日金曜】
台風11号が接近し、広く天気が崩れそう。このため、気温の上昇はやや抑えられます。ただ、台風の進路によっては予報が変わってきますので、最新の情報を確認してください。
【18日土曜以降】
真夏日地点は再び増えてくる見込みです。13日~14日のような猛烈な暑さはありませんが、この時期らしい暑さとなるでしょう。

熱中症ランクは「危険」十分な警戒を

14日火曜の熱中症情報を見ると、関東や東北などで「危険」となっています。
外出時は炎天下を避けたり、室内では冷房を適切に使ったりすることが必要です。
特に高齢者や小さな子どもは、自分で体温調節をすることが難しいですので、周りの方が十分注意するようにしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい