台風9号 低気圧に変わっても注意を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風9号 低気圧に変わっても注意を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

台風9号は朝鮮半島に上陸し、13日月曜には温帯低気圧に変わる見込み。ただ、安心はできません。台風が引き込んだ暖かく湿った空気が残るため、大気の状態が不安定に。九州や四国、北海道は局地的な大雨に注意が必要です。

北と西で雨 北海道は14日にかけて大雨のおそれ

台風の東側には暖かく湿った空気が流れ込んでいます。この影響で、九州や中国・四国などの西日本と北海道では雨が降るでしょう。カミナリを伴って激しく降る所もありそうです。九州では、佐賀県や長崎県などで滝のような雨となる所も。傘が役に立たず、車の運転が危険なほどの降り方です。十分注意してお出かけください。
なお、北海道は14日火曜にかけて、大雨となるおそれがあります。年に一度、数年に一度というような、記録的な雨が降る可能性も。雨雲の動きを把握するためには、下のリンク「豪雨レーダー」や「雨雲の動き」を確認してください。

近畿~東北も所々で雨 厳しい暑さは続く

近畿~東北は晴れ間の出る所が多いでしょう。内陸部を中心に、雨や雷雨の所もありそうです。洗濯物を外に干したまま出かける方は、空模様の変化に気をつけて。
そして、厳しい暑さが続きそうです。特に東北や北陸、関東北部で気温が上がる見込み。山形や福島は36度、盛岡、熊谷、前橋、富山、金沢も35度の猛暑日が予想されています。日傘や帽子で強い日差しを避けたり、こまめに水分や休憩をとったりするなど、熱中症対策を心がけましょう。なお、暑さについて詳しくは、木村予報士の記事「今週の天気 前半は体温並みの暑さも」もご覧ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい