台風9号 暴風に警戒すべき時間帯 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風9号 暴風に警戒すべき時間帯

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

大型で非常に強い台風9号。午前6時現在、宮古島の近海を時速25キロで北西に進んでいます。台風9号は、非常に強い勢力を保ったまま宮古島の近海を北西方向へ進む見込みです。暴風や高波に厳重に警戒をして下さい。また、大雨や高潮に対しても、警戒が必要です。沖縄は、台風の暴風域に入り、猛烈な風の吹いたところがありました。けさは那覇でも、瞬間的に41.2m/sの風を観測しています。台風でたびたび暴風が吹くイメージがある那覇ですが、最大瞬間風速40m/s以上の風は、毎年起こるわけではありません。
きょうこのあとも、暴風などに引き続き警戒が必要です。
暴風に警戒が必要な時間帯をまとめました。
長く警戒が必要なのは、宮古島地方。今夜にかけて、暴風が吹き荒れるおそれがあります。
久米島も、夕方にかけて暴風が吹きそうです。
ただ、そのあとも、風の強い状態は続く見込みです。何かにつかまっていないと立っていられないほどの風が吹くおそれがありますので、暴風のピークを超えたあとも、引き続き注意が必要です。さて、きょうは、本州付近は晴れ間が広がる所が多くなりそうです。気温も上がり、西日本を中心に真夏日の所が多くなるでしょう。東京もきのうよりも7度も高くなる見込みです。蒸し暑くなりそうですから、熱中症にはくれぐれもご注意下さい。(所々でにわか雨がありそうです。お出かけには折り畳みの傘をカバンに入れておくと良さそうです。)


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい