台風の湿った空気 本州も激しい雨注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風の湿った空気 本州も激しい雨注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
9日午前6時~9時の降水の予想

9日午前6時~9時の降水の予想

明日(9日)にかけて本州付近に延びる梅雨前線に向かって、台風周辺の湿った空気が流れ込むでしょう。本州付近でも活発な雨雲がかかり、激しい雨の降る所も。沖縄は台風が近づき明日から大荒れの恐れ。

本州付近も激しい雨に注意

梅雨前線が九州北部から関東の南岸にかけて延びています。
梅雨前線に向かって、台風の北側の暖かく湿った空気が流れ込んでいます。
午後3時現在、九州北部や東海あたりに活発な雨雲がかかっています。
長崎県では1時間に50ミリ以上の傘が全く役に立たないような雨の降った所がありました。
九州北部はこのあとも非常に激しい雨に注意が必要です。
これから明日(9日)にかけて梅雨前線の近くや前線の南側の地域には湿った空気の流れ込みが続くため、激しい雨に注意が必要です。局地的には非常に激しい雨の恐れもあります。
今夜にかけては活発な雨雲が東海から関東の南岸沿いを進み、沿岸部を中心に雨脚の強まる所もあるでしょう。
明日は、昼ごろにかけて中国地方、北陸から関東甲信付近あたりが活発な雨雲の通り道となりそうです。
次々と雨雲が流れ込み、雨量の多くなる所もあるでしょう。
明日の通勤・通学は時間に余裕を持った方が良さそうです。
明日の夜からは次第に梅雨前線は弱まり、10日(金)以降は本州付近はいったん梅雨の中休みとなりそうです。

沖縄は明日から大荒れの恐れ

台風9号の影響で、沖縄では明日(9日)から10日にかけて大荒れの天気となるでしょう。
沖縄本島地方や宮古島など先島諸島では明日の昼過ぎから暴風となる恐れがあります。
また、台風の活発な雨雲がかかり、1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る可能性もあります。
暴風や高波、大雨に警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい