太平洋側 傘が手放せない月曜日 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

太平洋側 傘が手放せない月曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょうも梅雨前線が本州の南岸に停滞。このため、九州から関東は太平洋側を中心に雨でしょう。傘が手放せない天気です。特に、九州南部は、雷を伴ったり、局地的には激しい雨が降りそうです。けさは、梅雨前線に伴う雲が、東日本から西日本にかけて広がっています。太平洋側の地域は雨が降っていて、九州南部には発達した雨雲が、かかっています。(鹿児島県ではけさ1時間に30ミリ以上の激しい雨を観測しています。)鹿児島県では、夕方にかけて、局地的に激しい雨が降る見込みです。また、関東の沿岸部などでも、雨脚が強まることがありそうです。

このあとの天気の傾向

九州から関東は太平洋側を中心に、夜にかけて、雨が降ったり止んだりでしょう。帰宅時間帯も雨具が必要です。北日本は、晴れ間が出る見込みですが、午後は所々でにわか雨があるでしょう。東北地方は雷雨となる所もありそうです。変わりやすい天気にお気をつけ下さい。

都心 気温が上がらずヒンヤリ

きょうの都心は日中気温が上がらないのが特徴です。最高気温は20度と4月下旬並みの予想です。朝から昼にかけて気温はほぼ横ばいで、午後は下がりそうです。半袖一枚ではひんやりですから、羽織る物を忘れないようにして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい