このあとの空模様 雨の見通しは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

このあとの空模様 雨の見通しは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

4日(土曜日)の天気は一旦小康状態となっている所はありますが、九州南部など引き続き一部に活発な雨雲がかかっています。東海や関東甲信周辺は、このあと雨の範囲が広がるでしょう。すっきりしない空模様の週末。
4日(土曜日)の日中は西日本が雨の中心で、屋久島周辺など一部に活発な雨雲がかかっています。
九州南部や奄美地方は大雨による災害に注意・警戒を続けてください。
このあと夜遅くにかけての雨の見通しと5日(日曜日)朝にかけての予想降水量は以下の通りです。3時間毎の予想降水量をみてみると、雨の量が多くなる赤色や黄色のエリアは全般に九州南部や奄美地方です。鹿児島県など九州南部ではカミナリを伴って一時的に滝のような雨、奄美地方でもバケツをひっくり返したような雨の降る所があるでしょう。
あっという間に道路が川のようになったり、低い土地は浸水してしまうような恐れのある雨が予想されています。交通情報や自治体からの情報、雨雲の状況をこまめにチェックして、無理のない行動を心がけてください。
また、夜遅くにかけて九州北部や四国、伊豆諸島周辺、関東甲信地方も雨脚の強まる所がありそうです。
東海や関東甲信地方では、昼間より夜の方が雨雲がかかりやすくなるでしょう。雨が降っていない時間帯からお出かけされる方は、このあとの雨に備えて傘があると安心です。
5日(日曜日)朝にかけても雨の量は、九州南部と奄美地方を中心に多くなるでしょう。
ここ10日間くらいで降った雨の量は平年の5倍以上になっている所もあり、これまでの大雨の影響が残っている恐れがあります。警報や注意報の出ている地域を中心に、少しの雨でも土砂災害などに注意・警戒を続けてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい