大雨のおそれ 注意すべき地域と時間帯 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大雨のおそれ 注意すべき地域と時間帯

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
朝7時現在の雨雲の様子(クリックすると最新の実況が見られます)

朝7時現在の雨雲の様子(クリックすると最新の実況が見られます)

雨雲の動き(クリックすると最新の予報が見られます)

雨雲の動き(クリックすると最新の予報が見られます)

西日本を中心に活発な雨雲がかかっています。きょうは九州~関東の広い範囲で雨が降り、大雨となる所もある見込み。特に注意が必要な地域と時間帯をまとめました。

活発な雨雲発生 このあとは?

梅雨前線上に低気圧が発生し、西日本を通過中。朝7時現在の雨雲の様子を見てみると、九州~東海の所々に活発な雨雲がかかっていることがわかります。九州では1時間に30ミリ以上の激しい雨が降っている所もあります。
このあと低気圧は次第に東日本に近づく見込み。今後、注意が必要な地域と時間帯をまとめてみます。
【九州・四国】
昼前まで太平洋側を中心に「傘が役に立たないような」非常に激しい雨の降る所があるでしょう。また、熊本県や大分県には土砂災害警戒情報が発表されています。このあとも雨量が増える見込みですので、土砂災害には十分警戒してください。
【中国・近畿】
こちらも午前中を中心に「バケツをひっくり返したような」雨が降る見込みです。見通しが悪くなる所もありますので、車の運転にはご注意を。
【東海・北陸・甲信】
昼過ぎくらいまで「傘をさしても濡れるような」降り方に注意が必要です。雷が鳴ったり、竜巻などの突風が吹いたりするおそれもあります。
【関東】
次第に本降りとなり、昼過ぎから夕方にかけてザッと激しい雨が降りそうです。沿岸部を中心に風が強まりますので、「横殴りの雨」になる所も。折りたたみ傘ではなく、大きくて丈夫な傘を持って出かけると良いでしょう。

九州南部 あすも大雨続く

梅雨前線は、あすも九州南部に停滞します。雨量がさらに増えるため、土砂災害や川の増水など、災害につながる危険性が高まります。6月は記録的な雨量となった九州南部ですが、7月も大雨のスタートとなりそう。引き続きご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい