活発な雨雲 このあとは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

活発な雨雲 このあとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

梅雨前線や低気圧の影響で、九州南部と東北地方は非常に激しい雨や大雨の恐れがあります。そのほかも大気の状態が不安定で、急に雨や雷雨になる所があるでしょう。このあとも北海道の太平洋側から北陸にかけてと、九州南部を中心に活発な雨雲のかかる所があるでしょう。関東甲信地方も内陸などでは急にザッと強い雨が降ったり、落雷、突風の発生する恐れがあります。天気の急変にご注意ください。
特に雨の降り方や大雨に注意が必要な東北地方と九州南部については、下記の通りです。

東北と九州南部 土砂災害や低い土地の浸水などに注意・警戒。

【東北地方】
28日(日曜日)にかけて、雨が降ったりやんだりでしょう。
このあとは局地的に傘をさしていても濡れてしまうよう雨の降り方になったり、あっという間に道路が川のようになってしまう恐れがあります。
できるだけ早めの帰宅を心がけたり、交通情報をこまめに確認して、車の運転など十分に注意なさってください。
28日の朝6時までの24時間で降る雨の量は太平洋側の多い所で150ミリに達する見込みで、その後も雨量はさらに増えるでしょう。
【九州南部】
九州南部にある梅雨前線はゆっくり南下し、次第に前線の活動が活発になる見込みです。
鹿児島県など九州南部は27日(土曜日)夜6時頃から、奄美地方は28日(日曜日)未明から局地的に滝のような雨が降るでしょう。寝ているような時間帯に荒れた天気が予想されます。
落雷による停電に備えて懐中電灯を用意しておいたり、自治体からの情報をこまめに確認、低い土地にお住まいの方は濡れしまうと困る物を高い所へ移動しておくなど、大雨や非常に激しい雨による災害に注意、警戒をしてください。
これまでの大雨で既に地盤の緩んでいる所では、少しの雨でも土砂災害に十分な注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい