沖縄 高温と少雨に関する気象情報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

沖縄 高温と少雨に関する気象情報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

沖縄気象台は25日、気温が高い状態と降水量が少ない状態が続くとして、長期間の高温と少雨に関する気象情報を発表しました。沖縄地方は、6月上旬ごろから太平洋高気圧に覆われて、晴れる日が多くなっています。
今年の梅雨明けは平年より12日早い6月11日ごろで、いつもより早く真夏のような空が広がりました。
●沖縄本島地方と八重山地方 気温が高い
6月初めからの最高気温が各地で30度を上回るなど、気温の高い状態が続いています。
●沖縄本島地方と石垣島地方 雨が少ない
6月初めからの降水量が平年の20%を下回っている所があります。
気温が高い状態は今後2週間程度、降水量の少ない状態は今後1週間程度続く見込みです。
農作物や水の管理に十分ご注意ください。
また、気温が高いため、熱中症の危険が高まります。健康管理にお気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい