梅雨空続く 局地的な大雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨空続く 局地的な大雨に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょうも広い範囲で、曇りや雨のスッキリしない天気に。北~東日本では、大気の不安定な状態が続きます。きのうは岩手県などで記録的な雨が降りましたが、きょうも局地的な大雨があるかもしれません。

局地的な大雨 どこで降る?

きのうは岩手県紫波町で1時間100ミリ近い雨が降り、観測史上最も多い1時間雨量に。石川県かほく市や埼玉県久喜市、秋田県の湯ノ岱温泉付近では、6月の1時間雨量としては最も多い値を観測しました。
その原因となったのは、上空の寒気。上の図に表したように、きょうも北~東日本の上空には寒気が居座る見込みです。北海道から中部地方にかけて、にわか雨や雷雨がある見込み。お出かけの時間に雨が降っていなくても、傘があると安心です。また、洗濯物を外に干して出かける方は、空模様の変化にお気をつけ下さい。
特に激しい降り方をする可能性があるのは、北陸や長野、岐阜。気温が上がった午後は特に激しい現象が起こりやすくなります。落雷や突風にも注意が必要です。下のリンクにもある「豪雨レーダー」や「雨雲の動き」をチェックして、急な雨に備えましょう。

九州南部 土砂災害への警戒続く

九州南部は、梅雨前線の影響できょうも雨が降る見込み。夜にかけて前線が次第に北上するため、降り方も強まります。局地的に滝のような降り方をする所も。これまでの大雨で地盤が緩んでいる所では、引き続き土砂災害に警戒してください。

「暑さ」はなくても 「ムシムシ」しそう

きょうの予想最高気温を見ると、沖縄を除いて30度を超える所はない見込み。雲が多いこともあり、暑さは抑えられるでしょう。ただ、各地で湿気が多く、ムシムシと感じられそう。動いたり、人ごみの中を歩いたりすると、不快な汗をかくことも。なるべく風通しのよい服装を選び、快適に過ごしたいですね。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい