16日 全国的に不機嫌な空模様 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

16日 全国的に不機嫌な空模様

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

15日(月)は雲が多かったものの、日差しも届き、比較的明るい空となった所が多くなりました。16日(火)は、全国的に曇りや雨の「不機嫌な空模様」に。また、北~東日本を中心に、大気の不安定な状態が続きそう。急な雨や落雷、突風にも注意が必要です。

雨の降りやすい時間帯は?西日本編

16日(火)は、地域によって雨の降る原因が違います。大きく分けると「西日本の太平洋側=梅雨前線や低気圧による雨」、「北~東日本や西日本の山沿いなど=上空の寒気による雨」です。お住まいの地域で雨の降りやすい時間帯を確認していきましょう。
【九州南部】
梅雨前線が停滞するため、一日を通して雨でしょう。特に16日(火)の朝にかけて、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。この時期としては記録的な大雨が相次いでいます。引き続き、土砂災害に警戒してください。
【九州北部】
梅雨前線に近い地域ほど、雨の降る時間帯が長いでしょう。福岡は昼前に一時的に降る見込みです。
【四国】
雨は朝までの所が多いでしょう。ただ、日中も雲の多い天気は続きそうです。
【中国~近畿】
近畿の太平洋側は朝まで降る見込みです。そのほかの所は午後を中心に雨が降りやすく、所々で雷を伴うでしょう。大阪は朝に止んだ後、夕方に再び雨となりそうです。

雨の降りやすい時間帯は?北~東日本編

【東海】
名古屋は昼前まで雨でしょう。沿岸部は朝までの所が多いですが、内陸部は夕方までザッと降る可能性があります。
【関東甲信・北陸~東北】
昼前後から所々に雨雲が発生する見込みです。内陸部を中心に雨脚が強まりそう。東北は、雷を伴って激しく降る所もあるでしょう。関東の天気については、中川予報士の記事(「あすは都心周辺も雨 ムシムシ感アップ」)もご覧ください。
【北海道】
札幌や旭川など晴れ間も出ますが、不安定な空模様。夜の初め頃まで、急な強い雨に注意が必要です。バケツをひっくり返したような降り方をする所もあるでしょう。

16日も 突風や落雷による被害のおそれ

15日は東北~関東北部を中心に大気の状態が不安定に。この影響で雨が降っただけでなく、群馬県伊勢崎市では突風による被害がありました。16日も広い範囲で大気の状態が不安定になる見込みです。
急な雨や落雷、突風は積乱雲が引き起こします。「真っ黒い雲が近づいてきた」「雷の音が聞こえてきた」「急に冷たい風が吹いてきた」…そんなときは、積乱雲が近づいているサイン。丈夫な建物の中に避難して、積乱雲が過ぎ去るのを待ちましょう。
また、雨雲の動きを確認することも大切。tenki.jpの「豪雨レーダー」や「雨雲の動き」をチェックしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい