九州 雨がやんでからも土砂災害警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

九州 雨がやんでからも土砂災害警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

活発な梅雨前線の影響で、きのうは九州で6月としては記録的な大雨になりました。(長崎県の雲仙岳で日降水量は306.5ミリと6月1位の記録を更新しました。)雨がやんでも、土の中には多くの水分が含まれています。引き続き土砂災害などに、警戒・注意が必要です。けさ、九州では雨がやんでいるところが多くなっていますが、種子島・屋久島周辺に活発な雨雲がかかり、雨の降り方が強まっています。朝のうちは、雷を伴って非常に激しく降ることがありますので、お気をつけ下さい。
そしてけさは近畿から関東にかけて広く雨雲がかかっています。近畿や東海の雨は朝まで。関東の雨は午前中までになりそうです。電車やバスに傘を置き忘れないように気を付けて下さい。北陸も雨は概ねお昼頃までですが、午後も雨が残る所はありそうです。雨の範囲は午後は北へ移り、東北地方で午後傘の出番となるでしょう。今夜の予想天気図を見ると、梅雨前線は南の海上に南下。このため、西から天気は回復へ。九州、中国地方、四国では昼頃からは晴れ間が広がるでしょう。近畿や東海も昼前には雨はやむ見込みです。一方で、日本海には低気圧があり、北日本に近づく見込みです。北日本は天気は下り坂で、午後は雨が降るでしょう。 晴れる西日本は気温が上がり、暑くなるでしょう。最高気温は大阪30度と真夏日の予想です。名古屋も29度まで上がるでしょう。いずれもきのうよりも+5度。大幅UPです↗。東京は午後もすっきりしない天気で、きのうよりも-5度と大幅down↘。ただ、湿気が多いですから、人の多いところではムシムシと感じられそうです。札幌は、夜に雨が降ることがありそうですが、日中は晴れ間が出てきのうよりも6度も高い23度の予想です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい