熊本・長崎 非常に激しい雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

熊本・長崎 非常に激しい雨に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

11日、熊本県と長崎県では大雨になっています。昼前にかけて非常に激しい雨が降るおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒が必要です。

九州北部 ~昼前 非常に激しい雨

暖かく湿った空気が流れ込み、梅雨前線の活動が活発になっています。
今朝は、熊本県甲佐や三角、長崎県口之津や雲仙岳などで、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降りました。
10日午後10時から11日午前10時までの12時間で、
熊本県本渡 204.5ミリ
長崎県口之津 205.5ミリ の雨が降りました。
12時間で200ミリを超える雨というのは、雨の多い熊本県と長崎県でも年に1度あるかないかの大雨です。土砂災害警戒情報が発表されている地域もあります。
11日昼前にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

九州南部 ~夕方 非常に激しい雨

梅雨前線は、次第に九州南部へ南下する見込みです。夕方にかけて非常に激しい雨が降るおそれがあります。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。
7日の降り始めから11日10時までの雨量が
鹿児島県吉ヶ別府 397ミリ
宮崎県えびの 370.5ミリ など
400ミリ近くになっている所があります。
これまでの雨で地盤が緩んでいる所にさらに雨が降ることになります。

雨が弱まっても 土砂災害に警戒

いったん雨が弱まっても、土砂災害に警戒が必要です。これまでの雨で地盤が緩んでいます。11日夜遅くにかけて警戒してください。
豪雨レーダーで最新の雨の情報を確認することも大切です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい