日没後は西の空に注目 宵の明星

2015/06/06 15:27

7日(日曜日)は、西の空で輝く金星が太陽から最も東側へ離れ、『東方最大離角』に。この日の前後は最も金星が観察しやすい時期と言われています。

金星は地球のすぐ内側を公転しているので、真夜中に観測することはできません。 見える時は日没後の西の空か、日の出前の東の空で、その時期の中でも太陽から最も東側に離れる時を『東方最大離角』と呼び、反対に太陽の西側に最も離れる時を『西方最大離角』と呼びます。 今は日没後に観察のチャンスがある時期で、東方最大離角を迎える7日(日曜日)の前後は日没後の西の空に輝く金星が一層見えやすくなります。 【金星と木星】 金星は太陽と月に次ぐ明るさの天体と言われています。今は金星より少し高い位置に明るい木星がみられる時期ですが、より明るく輝いている方が金星です。このあと月末にかけて木星と金星が接近するので、星空が広がる日は2つの惑星の姿が美しく見えそうです。 このあとは北海道や沿岸部で雲が多いですが、そのほかは西日本や内陸部を中心に晴れる所があるでしょう。雲の広がりやすい日が多くなる時期ですが、晴れる日は天体観測をしてみるのも良さそうです。

あわせて読みたい

  • 限られた時期しか見られない「宵の明星」と「明けの明星」。5月22日は金星と水星の競演に注目

    限られた時期しか見られない「宵の明星」と「明けの明星」。5月22日は金星と水星の競演に注目

    tenki.jp

    5/19

    月のように満ち欠けする金星。1月下旬から「明けの明星」として、夜明け前の空で輝きます

    月のように満ち欠けする金星。1月下旬から「明けの明星」として、夜明け前の空で輝きます

    tenki.jp

    1/20

  • 「4月こと座流星群」が極大に。今年いちばんの見頃となる「水星」にも注目!

    「4月こと座流星群」が極大に。今年いちばんの見頃となる「水星」にも注目!

    tenki.jp

    4/9

    日の入り後「金星」を見つけよう! 金星が太陽から最も離れて東方最大離角に

    日の入り後「金星」を見つけよう! 金星が太陽から最も離れて東方最大離角に

    tenki.jp

    10/30

  • 十三夜の月に木星が接近、水星と火星も見頃です。月と惑星を楽しもう

    十三夜の月に木星が接近、水星と火星も見頃です。月と惑星を楽しもう

    tenki.jp

    10/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す