東北・北海道 季節外れのひんやり 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北・北海道 季節外れのひんやり

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

東北と北海道では4日、6月とは思えないほどひんやりとした空気に包まれています。めったにない冷え方になっている所もあります。東北と北海道では寒気の影響で、気温があまり上がっていない所があります。
札幌では午前2時頃に16度を記録した後、日中は気温がどんどん下がって11度7分と4月中旬並みのひんやり。
北海道 稚内空港では、朝に6度5分まで下がった後、日中も8度4分と10度に届いていません。
青森空港や秋田空港、岩手県区界などでは、日中の気温がきのうより10度くらい低くなっています。
そして、6月としてはめったにない冷え方になっている所があります。
午後3時までの最高気温は、秋田県角館では14度8分。このあとも気温が上がらなければ、最高気温が15度に届かなかったのは1997年6月7日以来、なんと18年ぶりのひんやりです。福島県桧原でも12度ぐらいまでしか上がらず、6月としては珍しい冷え方になりました。

5日の気温は?

東北は各地25度くらいまで上がり、夏の暑さが戻りそうです。一方、北海道は太平洋側は20度くらいの暖かさが戻る一方、日本海側とオホーツク海側は、もう少しひんやりとした空気が残りそうです。
気温の変化が大きくなっています。体調を崩さないようお気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい