きのうとの「気温の違い」に気を付けて 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

きのうとの「気温の違い」に気を付けて

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

きょう(4日)は、きのう(3日)との気温差が大きくなる所がありそうです。関東ではきのうより大幅に高く、7月並みの暑さに。一方、北海道や東北は10度近く下がって、4月の気温に逆戻りの所も。暑くなっても寒くなっても、体調を崩しやすくなります。気温に合った服装を心がけましょう。

北海道・東北日本海側 気温上がらず

低気圧が北海道付近を通過中。北海道は一日雨、東北の日本海側は午前中を中心に広く雨となるでしょう。風も強く、雷を伴って雨脚の強まる所も。この低気圧は上空に冷たい空気を伴っているので、雨が上がっても、気温はあまり上がりません。日中も20度に届かない所が多くなりそう。きのうと比べて、札幌や盛岡では8度、秋田は10度も低い予想になっています。特に秋田は4月下旬並みと、季節が逆戻り。昼間も上着が必要になりそうです。

関東 気温ぐっと上昇 カラっとした暑さ

一方、よく晴れて、気温がぐっと上がる関東地方。日差しがほとんどなかったきのうと比べて、東京は6度、甲府や秩父では7度も高くなるでしょう。広い範囲で7月並みの暑さになり、日差しを遮る日傘や帽子が活躍しそう。ただ、湿度が低いので、カラっとした暑さとなる見込み。ムシムシとした不快感はないでしょう。

梅雨入りした西日本 広く晴天

きのうまでに梅雨入りが発表された九州や四国、中国、近畿は、きょうは晴れ間が戻りそう。東海・北陸も広く晴れるでしょう。日中の気温は25度を超えて、真夏日に届く所もありそうです。空気が乾いているので、洗濯には絶好の日和になるでしょう。あすは再び天気が西から下り坂。きょうの日差しを有効に使うことをオススメします。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい