梅雨の天気の見通し 1か月予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨の天気の見通し 1か月予報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

例年では、あと1、2週間で本州付近も雨の季節です。5月は真夏がきたかのような暑さに見舞われましたが、6月はどうなるでしょうか。この先1か月の天気の傾向をまとめました。【沖縄・奄美】
・1週目(5月30日~6月5日)は梅雨前線は沖縄の南に停滞しやすく、梅雨空は続かないでしょう。
晴れ間がでる日もあって、梅雨の中休みとなりそうです。
・2週目(6月6日~6月12日)は梅雨前線はやや北上する予想で、梅雨空の日が多くなるでしょう。
・3~4週目(6月13日~6月26日)は梅雨の最盛期らしく曇りや雨の降る日が多い見込みです。
気温は6月前半にかけて平年より高く、厳しい暑さでしょう。
6月後半は平年並みに戻る見込みです。
【九州~関東】
・次の日曜日は低気圧や前線の影響で広く雨が降るでしょう。
そのあとも天気は周期的に変わり、来週の後半も広い範囲で雨が予想されます。
・2週目(6月6日~6月12日)は前線がじわりと北上するでしょう。
九州から近畿にかけては曇りや雨の日が多くなる見込みです。
東海や北陸、関東は例年だと梅雨入りの時期ですが、曇りや雨の天気は長続きしないでしょう。
・3~4週目(6月13日~6月26日)は前半ほど前線の影響を受けにくく、九州から関東は曇りや雨の日が少なる見込みです。
後半は梅雨空の日が増えてくるでしょう。
・気温は来週も高い状態が続き、所々で真夏日になる見込みです。
2週目も平年並みか高い予想ですが、6月後半になると平年並みになるでしょう。
【東北・北海道】
・向こう1か月も天気は周期的に変わりそうです。
・6月下旬になると、東北は前線の影響を受けるでしょう。
・気温は来週は平年を上回りますが、その後はほぼ平年並みになりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい