天気は西から回復へ でも関東は… 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天気は西から回復へ でも関東は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

前線や湿った空気の影響で、けさは日本列島の広い範囲に雨雲がかかっています。雨は午前中までの所がほとんどです。西から天気は回復して、午後は晴れ間が戻りそうです。ただ、関東の天気の回復はゆっくり。
東北北部や北海道も一日雨が降ったりやんだりする見込みです。午前3時の天気図を見ると、日本列島に広く前線が延びています。この前線は、今夜になると、ぐぐっと南に下がる見込みです。このため、西から回復傾向です。ただ、よく見ると、関東のあたりでは、ぐぐっと南下とはいかず、夜にかけても前線が近くに留まる見込みです。ということで、関東地方の天気の回復はゆっくりペースで、午後も雲の多い天気が続くでしょう。また、北海道や東北北部も寒気を伴った低気圧の影響で、傘の手放せない1日になりそうです。天気の傾向を見ていきましょう。オレンジ=晴れ、グレー=曇り、ブルー=雨です。
午前9時から12時にかけては、九州から中国地方は晴れそうです。四国や近畿から東と北は、雲の多い天気で、北海道は雨。そして関東の沿岸部などでも雨の残る所がありそうです。 続いて12時から15時にかけて。晴れのエリアが増えます。北陸地方も晴れ間が戻りそうです。ただ、北海道や東北北部は雨。そして関東地方も、しつこく雲が残りそうです。このあと、お帰りの時間帯に、ぱらっともう一雨あるかもしれません。通勤・通学で使った傘を、お帰りの際も忘れないようにして下さいね。そして最高気温の予想です。
高知は30度まで上がる予想。今年初の真夏日になるかも。大阪も29度まで上がる予想。日差しが控え目な東京も27度まで上がって、雨上がりにムシっとした暑さになりそうです。汗を拭くためのタオルやハンカチが活躍しそうです。
ただ、北日本はきのうほど気温が上がりません。札幌はきのうよりも4度低くなりそうです。きょうは羽織るものが必要ですね。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい