夕方以降は西から再び 不安定な空模様 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夕方以降は西から再び 不安定な空模様

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
16日(水)午前8時 雲の様子

16日(水)午前8時 雲の様子

4月16日(水)午後9時の予想天気図

4月16日(水)午後9時の予想天気図

けさは東海から関東にかけては、たっぷりの日差しが降り注いでいます。ただ、東北や北海道は寒気の影響でまだ雲が多く、近畿から西では早くも次の気圧の谷の雲が広がってきています。夕方以降、九州から近畿ではにわか雨や雷雨の所があり、再び大気の状態が不安定になるでしょう。

いったん不安定は解消へ

きのうは福岡や岐阜、前橋でひょうを観測するなど、
西日本から東日本を中心に大気の状態が非常に不安定でした。
ただ、きょうは上空に寒気を伴った低気圧「寒冷渦」も東海上へ抜けて、不安定な状態は解消しています。
東北や北海道はまだ寒気の影響で雲が多く、雨や雪の降っている所がありますが、
東海から関東にかけては、けさは上図の雲の様子を見てもわかるとおり、晴れのエリアが広がっています。
きょう日中は、東海から関東を中心に晴れる所が多くなりますが、たっぷりの日差しも長くは続きません。
すでに九州や中国、四国には雲が広がってきていますが、夕方以降は西から再び不安定な空模様になりそうです。

九州から近畿は夕方以降 にわか雨や雷雨に注意!!

今夜9時の予想天気図をご覧ください。
夜には日本海に低気圧が進み、そこから延びる前線が西日本の日本海側にかかってきます。
きょう日中は近畿から西では次第に南西風が強まって、南から湿った空気が流れ込みます。
四国の太平洋側では夕方以降、九州では夜、中国地方や近畿では夜遅くに、
にわか雨や雷雨になる所があるでしょう。
長く降る雨ではありませんが、急にザッと強い雨が降り、雷が鳴り、突風を伴うこともあります。
お帰りが夕方以降になる方は、しっかりとした傘があると安心です。
一方、東海から関東、東北南部は昼間のうちは大体晴れそうです。
夕方から雲が多くなってきますが、きょういっぱいは天気の崩れはないでしょう。
東北北部や北海道は雨や雪は昼ごろまででやみますが、雲の多い空模様が続きそうです。
あすにかけて大気の不安定な領域は東へと移っていきそうです。

全国的に気温は高め 5月並みの暖かさの所も

きょうは暖かい空気が流れ込み、晴れる所もあり、広い範囲で気温は高めです。
金沢の気温は22度まで上がる予想で、5月下旬並みの暖かさ。
東京は23度、仙台は19度で5月中旬並み、雲の多い福岡でも23度と5月上旬並みになるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい