あすは暖かい雨 関東は帰宅時も傘を

tenki.jp
19日(水)の予想気温(18日11時発表)
拡大写真

19日(水)の予想気温(18日11時...

あす朝の通勤・通学時間は九州で局地的に激しい雨。中国・四国から東北も夕方にかけて雨。関東はいったん雨のやむ所が多いが、帰宅時間は再び雨具が必要。雨のわりに暖かいでしょう。 九州から関東は雨具必須 きょうは九州の西に低気圧が進み、前線が九州や四国付近にかけて延びています。九州は断続的に雨が降っており、所々で雨雲が発達。土砂降りとなっている所もあります。雨の範囲は次第に広がっており、午後3時現在、近畿地方にかかりはじめています。今夜遅くなると関東や東北南部でも雨の降りだす所があるでしょう。 あすは低気圧が日本海に進んで、前線が本州を南下します。このため、九州から東北にかけての広い範囲で雨が降り、前線の通過時にはザーっと雨脚の強まる所もある見込みです。 【九州】 昼ごろにかけてカミナリを伴って降り方の強まる所があるでしょう。傘をさしても濡れるくらいで、局地的にはバケツをひっくり返したように激しく降る見込みです。雨に濡れて体を冷やさないよう、替えの靴下やタオルなどがあるとよさそうです。 【中国・四国~東海・北陸】 雨のピークは中国・四国は昼前、近畿は昼前後、東海は昼過ぎから夕方にかけてです。雨のやむ時間があっても夕方にかけて雨具が手放せないでしょう。雨雲の動きが遅ければ、近畿や東海は夜の帰宅時間も一部で雨の残る所があるでしょう。低気圧に近い北陸は活発な雨雲がかかりやすく、午前中を中心にザーザー降りとなる所もありそうです。雪の多く積もっている所では雪どけが進みますので、ナダレや河川の増水に注意が必要です。 【関東甲信】 雨の降る時間帯は大きく分けると2回。まずは明け方にかけて。今夜遅くに降り始める雨は、あす未明に降り方が強まりそう。朝はいったん雨のやむ所が多いですが、昼ごろからは再び雨雲がかかりやすくなります。夜の帰宅時間には所々で本降りの雨となるでしょう。あすはお出かけの際に雨が降っていなくても、雨具をお持ちになった方がよさそうです。 雨のわりに暖かい あすは雨が降るわりに気温が高く、暖かいというのがポイントです。これまでは雨が降ると、冬のような震える寒さになることが多かったですが、あすは曇りや雨でも、九州から関東は南風が吹いて、最高気温は20度近くまで上がる所も。ただ、前線が通過した後は北よりの風に変わりますので、九州など最高気温が朝までに観測されて、日中は気温が下がる場合もあります。また、東北は気温の上がり方が鈍く、10度に届かない所もあるでしょう。各地の詳しい気温の変化は、「天気予報」から地方→都道府県を選択し、詳しいポイント予報を参考になさってください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック