関東 月曜日にかけて曇りや雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 月曜日にかけて曇りや雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

関東地方はスッキリしない天気が続きます。日曜日の午前中は雨。午後も雲が取れにくいでしょう。月曜日は雨が降ったりやんだりで、晴れ間が戻るのは火曜日になりそうです。

8日 9日の天気

8日(日)は関東の南海上を低気圧が進みます。関東地方には引き続き北よりの湿った空気が流れ込むでしょう。午前中は広く雨が降る見込みです。千葉では雨脚が強まることもありそうです。午後は次第に雨がやみますが、雲は取れにくいでしょう。スッキリしない天気が続く見込です。低気圧が近づいてくると等圧線の間隔がだんだん狭くなります。神奈川と千葉、茨城の沿岸部を中心に風が強まるでしょう。強風や高波にご注意下さい。
9日(月)は本州の南岸を別の低気圧が進みます。午前中は弱い雨が降ったりやんだりですが、低気圧が近づく午後はしっかりとした雨雲がかかりそうです。夜になるとまとまった雨が降るでしょう。低気圧が去ったあとは次第に冬型の気圧配置になる見込みです。10日(火)は晴れ間が戻るでしょう。ようやく洗濯物を外へ乾せそうです。ただ、雨上がりの翌日は花粉の飛ぶ量が多くなります。10日(火)は広い範囲で花粉が「非常に多く」飛ぶでしょう。花粉をよく払い落としてから洗濯物を取り込んで下さい。また、お出かけの際は万全な花粉対策を。

8日 9日の気温

8日(日)宇都宮と前橋、熊谷は10度で、7日よりも少し高くなる予想です。
水戸、東京と銚子、横浜は10度に届かないでしょう。風が強まる沿岸部を中心に厳しい寒さとなりそうです。マフラーや手袋など、暖かい冬の装いでお出かけ下さい。
9日(月)は南部も10度以上の所が多くなりそうです。寒さは少し和らぎますが、それでも平年よりやや低いでしょう。春の暖かさは冬型の気圧配置が緩む木曜日頃からになりそうです。
今週3日の火曜日 都心の最高気温は7度7分でしたが、その翌日の4日は17度5分まで上がりました。その気温差は10度くらいとかなり大きくなりました。この先は日によってだけでなく、一日の気温差も大きくなります。体調を崩しやすいので、お気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい