北は大雪の峠越え 広く風の冷たさ増す 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北は大雪の峠越え 広く風の冷たさ増す

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
3月5日(木)午前9時の予想天気図

3月5日(木)午前9時の予想天気図

5日(木)名古屋市のポイント予報

5日(木)名古屋市のポイント予報

4日(水)は北海道十勝地方の広尾や日高地方の目黒などで年に何度もない大雪になりました。5日(木)は北の大雪の峠は越えるものの、風はまだ強く吹雪く所も。気圧配置は冬型で、関東から西の晴れる所も風が冷たい。

北海道 大雪の峠越えるが 吹雪や高波に警戒

4日(水)は、低気圧が発達しながら北海道の東まで進み、
道東を中心に湿った雪が降り、大雪、吹雪になりました。
十勝地方の広尾では、4日午後10時までの24時間に39センチの雪が降り、
日高地方の目黒でも37センチという年に一度あるかないかの大雪になりました。
また、根室地方では中標津、別海、厚床の3地点で、
統計開始以来、最も深い積雪となりました。
4日夜には大雪の峠は越えましたが、
5日(木)は発達した低気圧が北海道の東を通過し、日本付近は冬型の気圧配置になります。
北海道は引き続き吹雪や強い風に警戒が必要です。
東部やオホーツク海側の海上は、5日昼前から夕方にかけて
大しけとなりますので、高波にも十分に警戒してください。

東北から山陰の日本海側も雪や雨 全国的に風の冷たさ増す

5日(木)は気圧配置が冬型になり、北から冷たい空気が流れ込みます。
東北も雪が降り、風が強まるため暴風雪に警戒が必要です。
北陸も雪や雨が降り、雷を伴う所がありそうです。
山陰は低い雲が流れ込みやすく、所々で雪や雨が降るでしょう。
関東から西の太平洋側は晴れ間がありますが、
春らしい暖かさはなく、気温はあまり上がりません。
最高気温は、4日(水)より3度から4度低くなる所も多く、
風がヒンヤリとして、寒く感じられそうです。
下図の名古屋市のポイント予報を見てみましても、
最高気温は10度くらいで、日中は8メートル前後の北風が吹く予想です。
体感的には10度を下回る寒さの所も多くなりますので、
5日(木)は出来るだけ風を通しにくい暖かな服装でお出かけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい