次の嵐の卵が西から近づく 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

次の嵐の卵が西から近づく

tenki.jp
本州の南岸を進んだ後、急発達して北日本へ

本州の南岸を進んだ後、急発達して北日本へ

3日(火)の全国の天気

3日(火)の全国の天気

4日(水)の全国の天気

4日(水)の全国の天気

3日は低気圧が本州南岸を進む。九州の雨が夜には東北まで拡大。4日以降、低気圧は急発達し北日本へ。再び嵐の恐れ。関東は南風で気温が押し上げられ桜が散る頃の暖かさ。北の嵐は過ぎ去りましたが、3日(火)は次の嵐の卵が西からやってきます。
東シナ海で発生した低気圧が九州の南を通って、本州の南岸を進むでしょう。
4日(水)の朝には関東付近に達し、その後、東の海上を北上して、北海道付近に進む見込みです。
中心付近の気圧の推移を見てみると、
3日の夜から4日の朝は1004hPaから1000hPaと発達は比較的緩やかですが、
その後、急速に発達し、5日の朝には984hPaまで下がる予想になっています。
北日本は4日以降、再び大荒れの天気になる恐れがあります。

3日(火)は西から下り坂 太平洋側はまとまった雨に

九州にはすでに雨雲がかかり始めていますが、3日の昼頃には広い範囲で雨になるでしょう。
四国や中国、近畿も夕方までには雨が降りだしそうです。
太平洋側には活発な雨雲がかかり、一時的にザーザー降りになる所も。
まとまった雨になるでしょう。
夜になると、東海や北陸、関東甲信や東北の太平洋側も雨や雪が降り始めそうです。
一方、東北の太平洋側や北海道は日中は晴れ間のでる時間がありそうです。
日差しにホッとしたいところですが、この晴れ間、長続きしません。

4日(水)は北で嵐 首都圏は桜が散る頃の暖かさ

4日は北海道の広い範囲で雪が降るでしょう。
次第に風が強まり、ふぶく所もありそうです。
東部を中心に雪の量が多くなり、大雪になる恐れもあります。
今後の情報に十分にご注意下さい。
東北の日本海側や北陸も冷たい雨や雪が降りやすいでしょう。
東北の太平洋側と関東の雨は午前中までですが、
首都圏では朝の通勤・通学の時間帯に雨のピークが重なりそう。
本降りの雨となりますので、足元にお気をつけ下さい。
日中は天気が急速に回復して、南風が強く、気温が急上昇。
4月並みの暖かさになりそうです。
東京都心は桜が散る頃の暖かさに。花粉に要注意です。
日中は晴れる東海や近畿から九州も、風が強めに吹きそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい