日曜日 北は荒天 日中は東と西で好天 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日曜日 北は荒天 日中は東と西で好天

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
2月14日(土)午後7時頃の雪雲の様子

2月14日(土)午後7時頃の雪雲の様子

15日(日)は北海道は猛ふぶきに警戒。東北や北陸も雪や雨で雷を伴う所も。一方、関東は日差したっぷりで行楽日和。東海から九州、沖縄も日中は日が差す見込み。16日(月)は西から雨の範囲が広がるため、15日(日)の日差しを有効に。

15日(日) 北海道は暴風雪で荒天 東北や北陸も雪や雨

14日(土)は上空の強い寒気が居座り、冬型の気圧配置も強まったため、
北陸や東北を中心に雪が強まり、数年に一度というレベルの大雪になった所もありました。
午後7時頃の雪雲の様子(上の図)を見てみましても、北陸や東北南部あたりに活発な雪雲が流れ込んでいて、
福島県只見では午後7時までの1時間に6センチ、福島県南郷では7センチの雪が積もりました。
こちらの2地点では午後7時までの24時間に30センチ以上の雪が降っています。
15日(日)は千島近海で低気圧が発達する影響で、北海道は荒れた天気が続きます。
オホーツク海側南部と太平洋側東部では未明から夕方にかけて、
日本海側南部では昼過ぎから夜遅くにかけて北よりの風が強まり、暴風雪となりそうです。
猛ふぶきによる交通障害に警戒してください。
根室地方では昼前から昼過ぎにかけて、高潮による低い土地の浸水に警戒が必要です。
また、東北や北陸も午前中を中心に雪や雨が降り、ふぶいたり、雷を伴う所があるでしょう。
さらに積雪の増える所がありますのでご注意ください。

関東は好天 東海から西も日中は日が差す

北は荒れた天気が続く一方、関東から西は晴れ間がでて、行楽には良い天気です。
多少風の吹く所はありますが、最高気温は広い範囲で3月並みとなり、
14日(土)と比べて3度前後高くなる所が多いでしょう。
昼間は日差しに温もりが感じられそうです。
ただ、こうした好天も長くは続かず、
夕方以降は近畿から九州、沖縄では広く曇り空に変わるでしょう。
夜遅くは九州を中心に雨の降る所がある見込みです。
16日(月)から17日(火)にかけては西から雨の範囲が広がってきますので、
15日(日)に日の差す地域では晴れ間を有効にお使いください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい