寒気のあとは南岸低気圧で広く雨や雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寒気のあとは南岸低気圧で広く雨や雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

強い寒気の影響で、全国的に北風が冷たく、日本海側は雪が続いています。明日15日は次第に寒気は北上しますが、早くも西から下り坂。来週前半は南岸低気圧の影響で広く雨や雪に。

15日も北は大荒れ

今日14日も強い寒気の影響で、日本海側は広く雪が降っています。
青森県の碇ヶ関では記録的な大雪となり、
弘前でも昨日の午後からほぼ一日で30センチ近く新たに雪が降り積もりました。
15日(月)も東北の日本海側や北海道では断続的に雪が降るでしょう。
さらに積雪が増える所もある見込みです。
特に北海道では急速に発達する低気圧の影響で、東部を中心に暴風が吹き荒れる恐れがあります。
見通しのきかない猛吹雪や吹きだまりによる交通機関への影響に警戒が必要です。

西から冬型緩むも天気は下り坂

一方、明日15日は西から冬型の気圧配置は緩み、寒気も北上するでしょう。
ただ、早くも天気は西から下り坂に向かいます。
九州の西で低気圧が発生し、そのあと本州の南岸を低気圧が進むでしょう。
15日は九州で夜遅くなると雨が降り出し、16日(月)も九州や四国で雨が降る見込みです。
17日(火)は近畿や東海、北陸、関東で雨や雪が降るでしょう。
今の所、平地は雨主体ですが、山間部では雪の降る所も。
冷たい風の流れ込みやすい関東では寒さが厳しく、
東京の17日(火)の最高気温は6度の予想です。
厚手のコートにマフラー手袋と万全な寒さ対策が必要になりそうです。
なお、低気圧の動きや発達具合はまだ不確定なため、
予想に幅がありますので、随時最新の予報をチェックして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい