最強寒気 北陸は1日1メートルの雪か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

最強寒気 北陸は1日1メートルの雪か

tenki.jp
9日(月)夜9時の予想天気図

9日(月)夜9時の予想天気図

9日(月)と10日(火)の全国の天気

9日(月)と10日(火)の全国の天気

9日から10日は、北日本を中心に今季最強クラスの寒気が流れ込む。日本海側は広く大雪。北陸では24時間で1メートルの雪が降る恐れ。風が強く、猛ふぶきにも警戒。9日(月)から10日(火)にかけて、北日本を中心に今季最強クラスの寒気が流れ込みます。
上の画像は9日の夜9時の寒気の予想です。
北陸には、大雪の目安となる、上空約5000メートルで氷点下36度以下の寒気が流れ込むでしょう。
また、北海道や東北には氷点下42度以下の寒気が流れ込む見込みです。
秋田の上空では氷点下45度くらいになる予想で、頻度としては数年に一度のレベル。
今回の寒気が非常に強いことがわかりますね。

日本海側は広く大雪やふぶきに警戒

このため、9日は北海道と本州の日本海側は雪の一日となります。
10日にかけて断続的に雪が降るでしょう。
特に、9日の夜から10日明け方にかけては北陸を中心に降り方が強まり、
日本海側の広い範囲で大雪になるでしょう。
10日の朝6時までの24時間に降る雪の量は以下の予想です。(いずれも多い所で)
北陸 100センチ
東北 70センチ
近畿、東海(岐阜県) 50センチ
北海道、関東甲信 40センチ
中国 30センチ
※24時間で100センチの雪が降る予想は、年に何度もありません。
また、沿岸部を中心に、風に向かって歩けないくらいの強い風が吹くでしょう。
雪を伴って、猛ふぶきになる所もありそうです。
海上はしけますので、高波にも警戒して下さい。
すでに鉄道や道路など、交通機関に影響が出始めていますが、
雪のピークはこれからやってきます。
影響が長引くことが考えられますので、交通情報もこまめにチェックして下さい。

太平洋側にも雪雲が流れ込む

太平洋側も東北は所々で雪が降るでしょう。
関東から九州はおおむね晴れますが、山沿いを中心に雪の降る所がありそうです。
特に東海では、10日にかけて、名古屋などの平地でもうっすらと雪の積もる可能性があります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい