日本海側を中心に気温差大 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本海側を中心に気温差大

tenki.jp
予想気温の変化

予想気温の変化

*札幌市のポイント予報*

*札幌市のポイント予報*

9日(月)は冬の嵐となる所があり、広い範囲で日中も震える寒さに。日本海側を中心に前日との気温差がかなり大きくなる所もあるでしょう。気温の変動や厳しい寒さで体調を崩さないよう、万全の防寒対策を。前回の福富予報士の記事でもお伝えしている通り、このあと北日本を中心に今季最強レベルの寒気が流れ込んでくる見込みです。9日(月)は日本海側を中心に前日との気温差がかなり大きくなる所もあるでしょう。
【9日(月)の予想気温】
最低気温(0時~9時)は広い範囲で0度以下でしょう。
朝晩を中心に各地で氷の張るような厳しい冷え込みとなります。濡れた道路や歩道は凍結する恐れがありますので、車の運転や足元に十分ご注意ください。
最高気温(9時~18時)は全般に10度に届かず、日本海側では前日より5度以上も低くなる所が多い見込みです。
特に北海道は一日を通して氷点下となるような真冬日の所が多く、日中も寒さが厳しいでしょう。
雪まつりが開催されている札幌の最高気温は氷点下4度の予想ですが、これは午前中に観測されて、その後の気温は右肩下がりとなる見込みです。朝よりも日中の方が寒くなりますので、万全の防寒対策でお出かけ下さい。

冬の嵐に警戒が必要な所も

9日(月)は日本海側を中心に雪の降り方や風が強まります。
【北海道】
日本海側では9日(月)の未明から雪を伴って非常に強い風が吹くでしょう。暴風雪警報の発表されている所がありますので、見通しのきかない猛吹雪に警戒です。その他も吹雪きや吹きだまりによる交通障害に十分注意してください。なお、日本海側とオホーツク海側では9日18時までの24時間に多い所で40センチの雪が降るでしょう。
太平洋側では9日18時までの24時間降雪量が多い所で東部50センチ、西部は40センチに達する見込みです。特にこれから9日(月)の明け方にかけて釧路地方と根室地方を中心に雪の量が多くなるでしょう。湿った重たい雪が降りますので、大雪による交通障害に警戒すると共に、ナダレや着雪にもご注意ください。電線への着雪で停電するような事態も考えられますので、懐中電灯などを用意しておくと良さそうです。
【東北】
山形県を中心に雪の量が多くなるでしょう。9日18時までの24時間降雪量は、いずれも多い所で山沿いで40センチ、平地でも30センチの予想です。なお、10日(火)にかけて雪の降りやすい天気が続くでしょう。今後発表される天気予報や交通情報をこまめにご確認ください。
【北陸】
新潟県を中心に雪の量が多くなるでしょう。9日18時までの24時間降雪量は、いずれも多い所で新潟県80センチ、富山県・石川県・福井県は60センチの予想です。
これから9日(月)の朝にかけて、猛ふぶきとなる恐れがあります。通勤・通学の際は安全な交通手段で、時間にゆとりを持ってお出かけください。また、海上は大しけとなる所があるため、高波にも警戒が必要です。
【近畿】
北部を中心に雪の量が多くなるでしょう。9日18時までの24時間降雪量は、いずれも多い所で北部の山沿い40センチ、中部の山沿い30センチ、北部の平地20センチ、中部の平地と南部の山沿い5センチの予想です。出掛ける先の天候や道路状況を事前にチェックして、車の運転は慎重になさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい