全国的に強い北風 北は猛吹雪に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

全国的に強い北風 北は猛吹雪に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
2月1日(日)午前9時の予想天気図

2月1日(日)午前9時の予想天気図

千代田区のポイント予報

千代田区のポイント予報

名古屋市のポイント予報

名古屋市のポイント予報

2月のスタートは全国的に厳しい寒さ。1日(日)は強い冬型の気圧配置で、北海道や東北、北陸は猛吹雪や大雪。広く晴れる太平洋側でも冷たい季節風が吹き荒れ、昼間も体感的には氷点下の寒さの所も。受験生の皆さんも体調管理には十分に注意なさってください。

北は大荒れ 猛吹雪や暴風、高波、大雪に警戒

31日(土)夜、北海道の南東海上の低気圧は発達のピークを迎え、
本州付近は冬型の気圧配置が強まってきています。
上にある1日(日)の予想天気図をご覧ください。
北海道の東にある低気圧の動きが遅いため、1日は強い冬型の気圧配置が続く見込みです。
北海道や東北、北陸は、雷を伴って、非常に強い風が吹くでしょう。
猛吹雪による交通障害、暴風、高波に警戒をなさってください。
予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
北海道地方 陸上 20メートル(35メートル)
海上 25メートル(35メートル)
東北地方 陸上 17メートル(30メートル)
海上 18メートル(30メートル)
北陸地方 陸上 18メートル(30メートル)
海上 20メートル(30メートル)
予想される波の高さは、
北海道地方 7メートル
東北地方、北陸地方 6メートルとなっています。
※北海道太平洋側東部では高潮にもお気をつけください。
上の図にものせましたが、大雪にも警戒が必要です。
1日午後6時までに予想される降雪量はいずれも多いところで
北陸地方 80センチ
北海道地方、東北地方、甲信地方 50センチです。
2日にかけても更に雪の量が増える予想ですので、
大雪による交通障害、着雪やなだれにも十分に警戒をなさってください。
また、山陰や九州北部も朝までは広い範囲で雪や雨が降る見込みです。

太平洋側も 季節風が強まる 体感的には氷点下の所も

1日(日)は、関東から九州南部にかけての太平洋側は大体晴れますが、
強い冬型の気圧配置が続く影響で、広い範囲で北風の強い状態が続きます。
東京都千代田区のポイント予報を見てみましても、
日中は風速5メートル以上の風が吹き、気温は8度までしか上がらない予想です。
風速1メートルにつき、体感温度はおよそ1度下がるといわれていますので、
正午ごろでも、風にあたると体感温度は1度くらいに感じられそうです。
また、名古屋市のポイント予報を見てみますと、
正午から昼過ぎにかけて風速9メートル前後の北風が吹きつける見込みです。
気温は6.5度までしか上がりませんので、
昼間も外では氷点下の厳しい寒さに感じられるでしょう。
太平洋側の地域でも、外出は防寒対策を万全になさってください。
受験シーズンでもありますので、受験生の皆さんも風邪をひかないように、
体調管理には十分にお気をつけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい