30日 関東甲信 雪の見通し 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

30日 関東甲信 雪の見通し

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
30日21時の予想図

30日21時の予想図

南岸低気圧 夜には関東の南へ。甲信地方と関東北部は夜にかけて雪雲がかかり、大雪の恐れ。関東南部の平野部は昼頃まで雪。東京23区の降雪量は多い所で5センチの見込み。30日は本州の南岸を前線を伴った低気圧が発達しながら東へ。夜には関東の南へ進む見込みです。関東甲信地方は明け方から広い範囲で雪が降るでしょう。降水は夜9時ごろまで広く予想されています。甲信地方と関東北部は夜にかけて雪が降り、大雪になる所があるでしょう。

雪の見通し

30日18時までの24時間に予想される降雪量いずれも多い所で
[長野]
北部、中部、南部とも15センチの見込みです。
夜のはじめ頃にかけて大雪になる所も。
[山梨]
山地20センチ
盆地10センチの見込みです。
甲府など、盆地でも積雪となりそうです。
[群馬・栃木]
山地 15センチ
平地 10センチの見込みです。
湿った雪が降り、平地を中心に大雪となる恐れがあります。
着雪や農業施設の管理などに注意して下さい。
[茨城]
山沿い 10センチ
平野部  5センチの見込みです。
山沿いでは大雪になる所があり、平野部でも積雪となるでしょう。
[埼玉]
北部 5センチ
南部 8センチ
秩父地方 10センチの見込みです。
[東京]
多摩西部 10センチ
多摩北部・南部 東京23区 5センチの見込みです。
[神奈川]
東部・西部の平地 8センチ
西部の山地 15センチの見込みです。
[千葉]
5センチの見込みです。
都心など関東南部の平野部は、低気圧が近づく昼頃からは雪が次第に雨に変わる見込です。ただ、地上付近の冷たい空気が取れにくい場合は、気温が低いまま経過し、雪が降り続く恐れがあります。
雪に慣れていない関東平野部では10センチほどの積雪でも、鉄道や道路など交通機関に大きな影響が生じますので、雪に対する備えは万全にして下さい。日直予報士では今後も最新の雪情報を提供していきます。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい