低気圧の通過後 寒さいつまで我慢? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

低気圧の通過後 寒さいつまで我慢?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
各地の週間予報(1月29日~2月4日)

各地の週間予報(1月29日~2月4日)

29日(木)夜から30日(金)は本州南岸を低気圧が進み、広く雨や雪。低気圧通過後はしばらく冬型の気圧配置が続きそう。長めに居座る寒気の影響で少なくとも節分の頃までは全国的に厳しい寒さになる見込みです。

29日(木)夜から30日(金) 南岸低気圧で広く雨や雪

29日(木)は本州付近は高気圧に覆われますが、
夜は九州の南に低気圧が発生し、30日(金)にかけて本州南岸を進む見込みです。
29日(木)は、九州南部は昼過ぎから雨の降りだす所があり、
九州北部も夕方以降は広く雨になるでしょう。
中国地方や四国、近畿でも夜遅くは所々で雨や雪が降りだしそうです。
各地とも30日(金)にかけて降り続く見込みです。
東海から東北にかけては、雨や雪の降りだしは30日(金)になってからでしょう。
東海は30日(金)の未明から雨。
関東甲信は明け方から降りだすため、平野部も含めて広く雪になる見込みです。
日中は関東南部の平野部は次第に雨に変わりそうです。
東北は30日(金)昼前から雪や雨の降る所が多くなるでしょう。
南岸低気圧の発達具合やコースによって、今後も予想が変わる可能性があります。
こまめに最新の情報をご確認ください。

低気圧通過後は冬型続く 節分の頃まで厳しい寒さ

31日(土)は低気圧が発達しながら三陸沖を北上し、
日本付近は強い冬型の気圧配置になるでしょう。
本州の東海上で低気圧の動きが遅くなるため、冬型はしばらく続きそうです。
上空の寒気もしばらく居座り、
少なくとも2月3日(火)節分の頃まで全国的に厳しい寒さでしょう。
上の図を見てみますと、
3日(火)にかけて札幌の最高気温は1度~2度くらいの日が多く、仙台は4度~5度くらい。
東京は8度前後の日が多く、30日(金)は4度までしか上がりません。
名古屋と大阪は6度~8度、福岡は9度前後の日が多くなりそうです。
冬型が緩み、寒気が抜け始めるのは4日(水)以降になるでしょう。
4日(水)立春以降は少し寒さが和らぎそうです。
南岸低気圧の雨や雪の後も、しばらく厳しい寒さが続きます。
引き続き寒さ対策は万全にして、体調を崩されないようお気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい