30日金曜 東京など関東平野も雪予報 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

30日金曜 東京など関東平野も雪予報

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

ニューヨークは冬の嵐となっていますが、27日夜から日本にも寒波が到来。寒気が残る中、南岸低気圧が進むため、30日は東京都心など関東の平野部でも雪の降る可能性。

東京は 桜が満開の頃の暖かさ

27日の日中は、全国的に気温が上がっています。
東京の最高気温は16度4分と、4月上旬並み。
平年ですと、東京で桜が満開になるのは、4月3日ですので、
その頃の暖かさでした。
全国的にも暖かいため、天気が崩れている日本海側でも、
降っているのは雨の所が多くなっています。
正午の札幌でも、「にわか雨」でした。
一方、アメリカ・ニューヨークでは、冬の嵐となっています。
ニューヨークの3時間ごとの天気は、
日本時間の26日21時~ずっと『雪』。
日本時間27日正午も『雪』で、気温は氷点下3度3分、風向は北北東で、風速は8m/s。
凍える寒さの中で、風も強めに吹いています。
でも、寒気の影響を受けるのは、ニューヨークだけではありません。
今夜からは、日本付近にも寒気が流れ込んできそうです。
日本海側では、27日夜は、雨の所も次第に雪に変わるでしょう。
今回は、関東の周辺まで強い寒気が南下して、
週末にかけて、気温の低い状態が続くのがポイント。
予想気温をみてみますと…

あすから真冬の寒さ続く

東京では、あす28日以降は、最高気温でも一桁の日が続きそうです。
日差しがあっても、空気は冷たいままでしょう。
そして、30日は、一段と寒くなりそうです。
関東の予想気温がこちら。

真冬の空気の中を 南岸低気圧が通過

予想最低気温は、東京は1度、横浜は2度。
北部は平野部でも、軒並み『氷点下』の予想です。
この寒さの中を、南岸低気圧が通るので、
最新の予報では、関東では平野部でも雪の降る可能性が高くなってきました。
低気圧が近づいてくる時間が、まだハッキリしませんが、
気温の低い時間だと、降りだしから雪になる恐れがあります。
さらに、最高気温は、東京は4度、そのほかも5度くらいの所が多い予想です。
雪ではなく、雨で降っても、かなり冷たい雨で、傘を持つ手が凍えるくらいでしょう。

【雪か雨かのポイント】 南岸低気圧のコース

関東に雪や雨を降らせる低気圧ですが、
通るコースによって、天気が大きく変わってきます。
一般的に、関東地方では
低気圧が八丈島より南側を通ると「雪」
北側を通ると「雨」になりやすいと言われていますが、
低気圧のコースが陸地に近いほど「雨」の可能性が大きく、
陸地から遠ざかれば「雪」が降りますが、離れ過ぎると何も降らないのです。
予報はまだ変わる可能性がありますので、tenki.jpで、最新の予報を確認して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい