関東甲信 雨や雪の降り方は2段階 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東甲信 雨や雪の降り方は2段階

tenki.jp
21日と22日の予想天気図

21日と22日の予想天気図

21日(水)から22日(木)にかけて、本州の南岸を低気圧が東へ。関東甲信は雨や雪の降り方が少し早く、21日(水)の夜から雨や雪に。22日(木)の夜は本降りの雨になるでしょう。

21日(水) 降り方は弱く折りたたみ傘でOK

21日(水)は、高気圧の中心が次第に東へ離れます。午後は沖縄や九州から低気圧が近づいて、西から天気が下り坂へ向かうでしょう。(詳しくは、下記『関東など太平洋側は雨?雪? ピークは』をご覧ください)
関東甲信は高気圧から湿った空気が入るため、低気圧が近づく前から天気が崩れる見込みです。夜になると各地で雨や雪が降り出すでしょう。南部の平野部は雨が主体とみていますが、多摩地方や箱根など標高の高い所や、群馬県や山梨県など内陸部は雪になる所もありそうです。ただ、降り方は弱いため折りたたみ傘があれば十分でしょう。

22日(木) 外出には長傘を

22日(木)、関東甲信の雨や雪は、日中はいったんやむ見込みです。
ただ、夕方以降は低気圧本体が近づくため、次第に本降りの雨になるでしょう。
南から暖かな空気が入るため、平野部は雪ではなく雨の所がほとんどとみています。(河口湖など標高の高い所は雪が降る見込みです)
木曜日の通勤や通学の際は、出かける時は雨や雪のやんでいる所が多くなりますが、お帰りの頃にはまとまった雨になる見込です。大きめの傘が必要になりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい