日本海側 広く雪や雨

tenki.jp

今日(月)午前3時の実況天気図 (09:36)tenki.jp

今日(月)午前3時の実況天気図 (09:36)tenki.jp
今日(月)は上空に寒気を伴った低気圧の影響で、北海道から山陰にかけて、日本海側を中心に雪や雨。北陸周辺では落雷や竜巻発生の恐れ。太平洋側も昼頃まで一時的な雨や雪に注意。日本付近は気圧の谷に入っています。 今日(月)は上空に強い寒気を伴った低気圧が、日本海から東北地方を通過していきます。 低気圧の南側にあたる北陸周辺には相対的に暖かい空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。 また、低気圧の通過後、日本付近は一時的に冬型の気圧配置になる見込みです。 (明日(火)の午後には冬型は緩みそう) 日本海側だけでなく、太平洋側も局地的に雨や雪 午前7時現在、北海道の南西部の一部と、東北から山陰にかけての日本海側は雪や雨が降っています。 左の画像を見ると、日本海側だけではなく、東海や近畿南部、四国など、太平洋側にも流れ込んでいることがわかります。 大阪と高松の午前6時の天気は「にわか雨」でした。 今日は、北海道の日本海側と東北は所々で雪が降るでしょう。 北陸から山陰にかけての日本海側も雨や雪。平地では日中、雨が中心になりそうです。 特に北陸周辺では雷を伴って、一時的に降り方の強まる所もあるでしょう。 落雷や竜巻などの突風、ひょうの恐れがあります。 ゴロゴロと聴こえたり、黒い雲が近づいてきたら、頑丈な建物に入るようにしましょう。 関東から九州にかけての太平洋側は晴れ間がでますが、 東海から山陽と四国では昼頃まで急な雨や雪に注意が必要です。 山道を運転される方、短い時間でも道路に雪がうっすらと積もることがありますので、慎重な運転を心掛けてください。最高気温は北海道と東北北部は0度前後。 東北南部と北陸は5度くらいでしょう。 東海から九州は10度前後で、寒中らしい寒さの所が多い見込み。 ただ、関東は例外で、東京は13度まで上がる予想。 3月上旬並みで、昼間は日差しのぬくもりを実感できそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック