18日(日)にかけて 冬の嵐に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

18日(日)にかけて 冬の嵐に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
【17日(土)12時の実況天気図→18日(日)朝9時の予想天気図】

【17日(土)12時の実況天気図→18日(日)朝9時の予想天気図】

予想される24時間降雪量など(いずれも多い所で)

予想される24時間降雪量など(いずれも多い所で)

18日(日)の予想気温

18日(日)の予想気温

18日(日)も北海道から東北にかけての日本海側や北陸を中心に冬の嵐に警戒が必要。関東甲信、山陰も18日の明け方にかけて局地的に大雪の恐れ。引き続き交通機関に影響の出る所がありそうです。

暴風や大雪、高波などに警戒

18日(日)になると西から次第に冬型の気圧配置は緩む見込みですが、釧路沖と三陸沖の低気圧が日本の東で一つにまとまって急速に発達するでしょう。
【北海道から東北、北陸では】
北海道と東北では昼頃まで、北陸は明け方にかけて、大雪や猛吹雪、暴風に警戒が必要です。暴風雪や大雪に関する警報が出ている地域では、車の運転が困難になったり、屋外での行動は危険を伴う可能性がありますので、不要不急の外出は控えるようになさってください。また、しばらくは交通機関に影響の残る所もあるかもしれません。外出の予定は時間にゆとりをもって計画された方がよさそうです。
雪や風だけでなく、高波や高潮にも警戒が必要です。先月は急速に発達した低気圧の影響で北海道の根室市内で高潮による冠水や浸水の被害が出てしまいましたが、北海道の太平洋側東部では18日(日)の昼前から昼過ぎにかけて再び高潮の影響がありそうです。濡れたら困る物は早めに建物の2階以上へ移動しておくなど、建物への浸水や道路の冠水にご注意ください。【関東甲信から山陰では】
関東甲信から山陰にかけても明け方にかけて局地的に大雪の恐れがあります。長野県北部や近畿北部などを中心に積雪がさらに増える所があるでしょう。山間部にお住まいの方やスキーやスノーボードなどで山に出掛ける方は、傾斜地でのナダレに十分注意してください。市街地でも積雪の多い所では、建物や樹木からの落雪、積雪や凍結による路面状況の変化にお気を付けください。日中は雪のやむ所が多く、太平洋側を中心に青空が広がるでしょう。強い風も次第に収まる所が多い見込みです。
【寒さは続く】
風は次第に収まりますが、雪を降らせるくらいの強い寒気は残ります。朝は冷え込みが厳しく、日中は日差しが出ても気温の上がり方が鈍いでしょう。既にインフルエンザの流行が警報レベルになっている地域もありますので、体調を崩さないよう暖かくしてお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい