大雪や暴風で交通機関に影響か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大雪や暴風で交通機関に影響か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
予想天気図

予想天気図

明日にかけて北海道、東北、北陸で暴風が予想され、瞬間的に走行中のトラックが横転する猛烈レベルに。日本海側は50センチ前後の雪が降り、多い所は80センチの降雪予想。

瞬間的に猛烈な風の恐れ

秋田沖と関東沖の低気圧が今夜(17日21時)には三陸沖で一つにまとまる見込みです。
次第に冬型の気圧配置が強まるでしょう。
今夜(17日21時)の予想天気図を見ると、日本列島には等圧線が8~9本かかっています。
この本数が多いほど、風が強まります。
きょうは全国的に風が強まるでしょう。
特に北海道、東北、北陸では何かにつかまらないと立ってられないほどの非常に強い風が吹く見込みです。
※瞬間的には風速30メートルから35メートルと、走行中のトラックが横転したり、看板が落下したり道路標識が傾くほどの猛烈な風が吹く恐れがあります。

日本海側は大雪 太平洋側の一部にも雪雲が流れ込む

日本海側はあすにかけて雪が続き、局地的な大雪の恐れがあります。
北海道から北陸にかけての日本海側は、あす(18日)の朝までに50センチ以上の雪が降る見込みです。
※特に北陸(新潟県を含む)の多い所では80センチと予想されています。
東海の山沿いと近畿北部や山陰はあす(18日)の朝までに30センチから40センチの雪が降る見込みです。
一気に積雪が増える所があるでしょう。
山沿いは雪崩の危険性が高まります。ウィンタースポーツは決められたコース内を守りましょう。
なお、強い風に雪を伴うため、ふぶいて見通しの悪くなる恐れがあります。
車での移動は車間距離をしっかりとってください。
足元が安定しづらい屋根の上での除雪作業は、命綱をつけていても強い風にあおられて危険です。
除雪作業は風が落ち着いてから行うなど、決して無理をしないようにしてください。
また、強い風にのって東海、近畿、山陽、四国などにも雪雲が流れ込むでしょう。にわか雪がありそうです。
暴風、大雪、猛吹雪などにより交通機関に影響が出る恐れがあります。
時間に余裕を持って行動してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい