静岡に活発な雨雲 関東も激しい雨注意

tenki.jp
本州の南岸を低気圧が東進。午後1時半現在、静岡に活発な雨雲があり、このあとは関東へ。低気圧の接近とともに風も強まるでしょう。活発な雨雲がどの地域に近づいているか把握するには豪雨レーダーが役立ちます。本州の南岸沿いを低気圧が発達しながら進んでいます。 朝は高知県で傘が全く役に立たないような非常に激しい雨が降りました。 今回は低気圧の前面に発達した雨雲が見られます。 午後1時半現在、活発な雨雲は西日本からは抜けつつありますが、 東海地方にかかっています。 静岡には竜巻注意情報もでています。 東海地方では午後3時ごろまで激しい雨や落雷、突風に注意が必要です。 関東地方にもすでに広く雨雲がかかっていますが、 午後2時頃からは活発な雨雲が流れ込むでしょう。 沿岸部を中心にバケツをひっくり返したような激しい雨の降る所もある見込みです。 夜には雨のピークは超えますが、 雨が続いて、帰宅時間帯も雨具が必要な所が多くなりそうです。 関東南部の平野部では雨が降る所が多いですが、関東の山間部や甲信地方は雪で、大雪の恐れがあります。 (正午に甲府はみぞれを観測、長野では雪になっています。) 平野部でも関東北部を中心に雪になる所もあるでしょう。 雪が積もったり、路面が凍結する心配もありますので、車の運転はご注意下さい。 低気圧の接近とともに、夕方以降は風も強まる予想で、荒れ模様となるでしょう。 夜にかけても風の強い状態が続く見込みです。 東北の太平洋側も夕方以降は広い範囲で雪や雨が降るでしょう。

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック