関東甲信は大雪の恐れ 雷や突風も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東甲信は大雪の恐れ 雷や突風も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
15日(木)の予想天気図

15日(木)の予想天気図

15日(木)は前線を伴った低気圧が発達しながら本州南岸を東北東進。大気の状態が非常に不安定になるため、九州から関東にかけての太平洋側は激しい雨、雷や突風に注意。関東甲信は大雪の恐れも。こまめに最新の予報を確認するようになさってください。

関東北部山沿いや甲信を中心に 大雪の恐れも

上の予想天気図にもあるように、
15日(木)は前線を伴った低気圧が本州南岸を発達しながら東北東へ進む見込みです。
九州から東北南部にかけて広く雨が降りますが、
低気圧の接近に伴い、関東甲信では北から冷たい空気をひきこみ、
関東北部山沿いや甲信を中心に大雪となる恐れもあります。
15日夕方までに予想される降雪量は、多い所で、
関東地方北部山沿い 30センチ
甲信地方 20センチ
関東地方北部平野部 10センチ
箱根から多摩地方や秩父地方にかけて 5センチの見込みです。
雪や路面の凍結による交通障害にご注意ください。
電線や架線、樹木などへの着雪、なだれにも注意が必要です。
なお、気温が低くなる場合や
低気圧のコースによって、関東地方南部平野部でも積雪となる可能性があります。
今後も最新の情報をこまめにチェックするようになさってください。

大気の状態が非常に不安定 激しい雨、雷や突風も

また、本州南岸を進む低気圧に向かって、南から湿った空気が流れ込むため、
特に太平洋側の地域を中心に大気の状態が非常に不安定になるでしょう。
九州南部は15日の明け方にかけて、九州北部は一日雨が降ったりやんだりする見込みです。
中国や四国、近畿は昼過ぎにかけて、
東海や北陸、関東甲信は夕方にかけて広く雨となりますが、
雷を伴って激しく降ることもあるでしょう。
落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。
雷がゴロゴロと鳴りだしたり、急に強い風が吹き始めるなど、
発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、早めに建物内に避難すると良いでしょう。
東北も雲が多く、夕方以降は雨や雪の降る所がある見込みです。
北海道は晴れ間があるでしょう。
15日(木)の注意点をまとめると以下の通りです。
◎太平洋側を中心に激しい雨や落雷、突風に注意
◎関東北部山沿いや甲信を中心に大雪の恐れ


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい