15日は南岸低気圧 荒れた天気に

tenki.jp
15日の関東の天気
拡大写真

15日の関東の天気

15日は低気圧が本州の南岸を進む「南岸低気圧」がやってきます。西日本は14日から天気が崩れ始めます。15日は太平洋側を中心に雨や風が強まり、荒れた天気となる見込みです。交通機関の乱れなどご注意ください。本州の南岸を進む低気圧の影響で、14日の夜から15日にかけて太平洋側を中心にまとまった雨が降るでしょう。太平洋側の沿岸部では局地的に激しく降り、風も強まって荒れた天気になる見込みです。
低気圧や前線の周辺では大気の状態が不安定になるため、落雷や竜巻などの突風にも注意が必要です。
沿岸部では交通機関が乱れる可能性があります。お出かけの際は交通情報を確認するなど、時間に余裕をもってください。横なぐりの雨で、傘があおられないよう丈夫な傘やレインコートがよさそうです。

雪の降る所は?

東日本の太平洋側にもしばしば雪を降らせる南岸低気圧。長野県や東北は15日の午後を中心に雪が降る見込みです。関東や山梨も標高の高い所は雪で、平野部は今の所、広い範囲で雨の予想です。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック