今冬の雪は平年の倍 雪の事故に要注意

tenki.jp
去年11月からの雪の量は平年より多く、北陸や東北そして長野や岐阜の積雪は2倍以上の所がほとんど。先週から5泊6日で長期滞在する寒気はようやく弱まるが、雪下ろしは必ず複数で行うなど事前準備は万全に。主な地点です。
今日の最深積雪(午後3時まで)  平年値
青森市    122センチ      47センチ 2.6倍
秋田県横手  106センチ     50センチ  2.1倍
山形県米沢  101センチ     41センチ 2.5倍
福井県九頭竜 169センチ    69センチ 2.4倍
長野県信濃町 120センチ    50センチ 2.4倍
岐阜県長滝  117センチ     46センチ 2.5倍

連休明けは冬型緩み 日本海側も晴れ間

あすは先週7日から続いた冬型の気圧配置が緩み、本州付近は高気圧に覆われます。北陸から北海道の雪は朝までにほぼやんで、日中は晴れ間が出ます。風もおさまってくるでしょう。この冬は例年以上のハイペースで雪が降っています。除雪は必ず2人以上で行い、互いに声をかけあうなど、周りに注意しながら作業を進めて下さい。関東から九州は乾燥した晴天が続きます。

広く晴れるのは水曜まで

水曜日も晴れる所が多く、日中は寒さが和らぎます。九州から関東では気温が10度を超え、北海道でも5度くらいまで上がるでしょう。木曜日は全国的に天気が崩れますが、高温傾向が続きます。北陸や東北でも雨が主体となりそうです。雪解けによるなだれや屋根や木からの落雪にご注意下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック