今週の天気 寒さと雪の傾向は 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今週の天気 寒さと雪の傾向は

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
今週の天気(北海道~北陸)

今週の天気(北海道~北陸)

今週の天気(東海~沖縄)

今週の天気(東海~沖縄)

12日(月)の朝にかけては日本海側を中心に大雪や落雷、竜巻などの激しい突風に注意が必要。日中は晴れる所も寒い見込み。日本付近の冬型の気圧配置が次第に緩むのは連休明け13日(火)頃から。

◆連休明け 雪の所も次第に天気回復

12日(月)は、北海道と東北の日本海側や北陸で雪が降りやすいでしょう。12日(月)18時までに予想される24時間降雪量はいずれも多い所で、北陸は60センチ、北海道と関東甲信地方は50センチ、東北は40センチです。局地的な大雪や吹雪で交通機関に影響の出る恐れがありますので、外出は時間に余裕を持った方が良さそうです。また、北陸は朝まで落雷や突風にもご注意ください。
なお、関東甲信地方も雪雲の流れ込む所があるでしょう。特に長野県は北部を中心に雪の量が多くなる見込みです。大北地域では12日(月)の明け方まで大雪に警戒して下さい。
東京都心など関東周辺や東北の太平洋側は広く晴れますが、日中の気温の上がり方が鈍い見込みです。冷たい北よりの風が全般にやや強く吹きますので、しっかりと寒さ対策をしてお出かけください。
連休明け13日(火)になると冬型の気圧配置が緩んで、雪の所も次第にやむ所が多いでしょう。太平洋側は引き続き広く晴れて、東京は日中の寒さが幾分和らぎそうです。
14日(水)は日本海側や北陸で寒気の影響が残る所もありますが、広い範囲で日差しがあるでしょう。13日より日中の気温は高くなる所が多いものの、朝は北海道など北日本の内陸を中心に厳しい冷え込みとなりそうです。寝る前に水道の水抜きをしておくなど、水道凍結にお気を付けください。
15日(木)以降は、北海道や東北、北陸で雲が広がりやすく、雪や雨が降る所もあるでしょう。次の週末は再び上空の寒気が強まりますので、雪や寒さに注意が必要となりそうです。関東甲信地方も16日(土)は曇りや雨のすっきりしない天気でしょう。

◆雪の降る所は路面状況の変化に注意

11日(日)21時現在、山陰や東海地方などで雪やミゾレを観測している所があります。12日(月)は晴れる所が多いですが、寒気が強まる影響で日本海側の雪雲が太平洋側に流れ込むことがあるでしょう。12日(月)18時までに予想される24時間降雪量はいずれも多い所で、近畿北部と東海は40センチ、中国地方は30センチです。近畿北部の山間部を中心に大雪となる恐れがあり、平地でも積もる所があるでしょう。積雪や路面の凍結で足元の状況が悪くなる所がありそうです。(成人式にお出かけの方は下記のリンクにある福富予報士の記事を是非参考になさってください。)
連休明け13日(火)から14日(水)は高気圧に覆われて広く晴れる見込みです。西から次第に日中の寒さが和らぐでしょう。山間部などで雪の多く積もった所は、傾斜地でのナダレにご注意ください。
15日(木)から沖縄では気圧の谷や湿った空気の影響を受ける日が続くでしょう。その他は16日(金)から雲が多くなり、17日(土)は広い範囲で雨が降る見込みです。また、いったん寒さが和らいでも、再び流れ込む寒気の影響で前日との気温差が大きくなる所もあるでしょう。次の週末はセンター試験の受験を控えている方もいらっしゃると思いますので、気温の変化で体調を崩さないよう、服装や室温をうまく調節してお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい