大晦日は全国的に風が強まる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大晦日は全国的に風が強まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
福岡のピンポイント予報

福岡のピンポイント予報

新潟のピンポイント

新潟のピンポイント

東京のピンポイント

東京のピンポイント

31日は低気圧が日本海で急速に発達しながら東へ進むため、各地で雨や雪が降るでしょう。ほぼ全国的に風が強まってくるので注意や警戒が必要です。低気圧が通過した後は、強い寒気が急激に流れ込んでくる見込みです。元日は日本海側は広く雪で、大雪の恐れがあります。太平洋側も雪が降り、平地でも積雪する所があるでしょう。

雨や雪の降り出すタイミング

大晦日は買い物や旅行、帰省などで出かける方も多いと思いますが、
天気が崩れるタイミングは以下の通りです。
九州は昼前後、中国地方は昼過ぎから、四国は夕方に一時的に雨が降るでしょう。
近畿は夕方から、東海や関東甲信地方は夜のはじめ頃に一時的に天気が崩れる見込みです。
北陸三県は夕方から、新潟は朝から雨や雪が降るでしょう。
東北は、日本海側は雪でふぶきになる所もあり、太平洋側も夜は雪や雨になる見込みです。
北海道は雲に覆われ、日本海側では雪が降ったりやんだりする見込みです。
また、九州から東海や北陸では、雷を伴う所もある見込みです。
一時的に強く降ったり、落雷や突風の恐れがあるので注意が必要です。
東日本の内陸は夜は雪となり積雪する恐れもあるので、車を運転される方は滑り止めをご用意ください。

東北から西日本の風が強まるタイミング

31日は東北から西日本で風が強まるため注意や警戒が必要です。
北陸は午前中から風が強まり始め、夕方からは非常に強くなるでしょう。
東北も夜は荒れてきそうです。
屋外の行動は危険を伴うので警戒が必要です。
午後は西日本の日本海側で次第に風が強まり始め、
夕方からは四国や近畿、東海、関東など太平洋側各地も
海沿いを中心に風が強まってくるでしょう。
31日に予想される最大風速(最大瞬間風速)です。
北陸、27メートル(40メートル)・・・屋外の行動は極めて危険
関東甲信、東海、25メートル(35メートル)・・・何かにつかまっていられないと立っていられない
四国、23メートル(35メートル)・・・飛来物によって負傷する恐れがある
中国、22メートル(35メートル)・・・走行中の車は通常の速度で運転するのが困難
東北、近畿、九州北部は 20メートル(30メートル)・・・看板が落下・飛散する

元日は冬の嵐

元日は東北から西日本にかけては、沿岸部を中心に非常に強い風が吹き、冬の嵐となるでしょう。
日本海側は広く雪となり、大雪の恐れがあります。
特に、近畿北部や山陰地方で雪の量が多くなる見込みです。
太平洋側でも雪が降り、平地でも積雪する所があるでしょう。
2015年の元日は荒れた天気になりますので、
最新の予報をチェックして無理のないように新年をお迎えください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい