26日(金)は全国的に真冬の寒さ

tenki.jp

26日(金)午前9時の予想天気図 (23:18)tenki.jp

26日(金)午前9時の予想天気図 (23:18)tenki.jp
25日(木)は横浜で平年より13日早く初雪が観測され、クリスマスに降雪がありました。26日(金)は日本海側は雪の所が多く、全国的に真冬の寒さとなる見込みです。日本付近は26日(金)にかけて、冬型の気圧配置が続く見込みです。 上空には強い寒気が流れ込むでしょう。 【26日(金)の天気】 北海道と東北の日本海側から北陸では断続的に雪で、山沿いを中心に大雪となる恐れもあります。 これまでの雪で積雪が多くなっている地域では雪崩や屋根からの落雪に注意が必要です。 また風が強めに吹くため、吹雪く所もあるでしょう。 見通しが悪くなりますので、車の運転などにはくれぐれもお気をつけください。 近畿北部と山陰も雲が多めで、午前中は雪か雨の降る所がある見込みです。 関東から西の太平洋側と九州は青空の広がる所が多いでしょう。 空気の乾燥する所がありますので、火の取り扱いや風邪の予防に注意が必要です。 沖縄は晴れ間も出ますが、雲が多く、先島地方では雨が降りやすいでしょう。 【26日(金)の気温】 最低気温は25日(木)と同じか、低くなる所が多いでしょう。 北海道は氷点下10度前後、東北地方も氷点下5度近くまで冷え込み所がある見込みです。 関東から西も2度前後の予想で、各地で厳しい冷え込みとなるでしょう。 日中の気温もあまり上がりません。 日差しのある太平洋側でも10度に届かない所が多く、全国的に真冬の寒さとなる見込みです。 お出かけの際はマフラーや手袋など、寒さ対策をした方が良さそうです。また、28日(日)の午前9時の予想天気図(下図参照)では 九州の西に低気圧が発生する見込みです。 29日(月)にかけて本州の南岸を東へ進み、週明けは全国的に天気が崩れる予想です。 このような低気圧を南岸(なんがん)低気圧と呼んでいますが、 この時期はこの低気圧により 関東から西の太平洋側の平地でも雪が降り、積雪となることがしばしばあります。 今の段階で、この低気圧は陸地に近いところを進む見込みで 低気圧に吹き込む暖気の影響を受けやすい予想となっています。 気温は高めで、関東から西の各地は29日(月)は日本海側を含めて雨の所が多くなりそうです。 関東も広く雨の予想ですが、 この低気圧がもし陸地から離れた所を進めば 北からの寒気の影響で、平地でも雪になることも考えられます。 一般的に八丈島付近を通過すれば、関東の平野部でも雪になると言われています。 この低気圧の動きに注意が必要です。
この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック