オオカミ幻想の深層に白き「イヌ」あり。日本人とオオカミ、その過去と未来【後編】

2022/12/19 20:30

前編では、古代から続くとされてきた「オオカミ信仰」が、実は近世から現代にかけて徐々に出来上がってきた新しいものであることを解き明かし、一方で日本の民間信仰には、より古い犬神・白い犬・大山祇神の眷属という三つの側面が見られることについて触れました。
後編では、近世以降に広まったオオカミ札の流行とニホンオオカミ滅亡の関係性、そして「イヌ」という名から解き明かせる「戌の日」の安産祈念について解説します。

あわせて読みたい

  • オオカミ信仰はあった?なかった?日本人とオオカミ、その過去と未来【前編】

    オオカミ信仰はあった?なかった?日本人とオオカミ、その過去と未来【前編】

    tenki.jp

    11/22

    9月7日はタスマニアタイガーが絶滅した日。その絶滅の理由とは?

    9月7日はタスマニアタイガーが絶滅した日。その絶滅の理由とは?

    tenki.jp

    9/6

  • 2018年はどんな年に… 「戌年」の由来や特徴は?

    2018年はどんな年に… 「戌年」の由来や特徴は?

    dot.

    1/2

    山の神が消えた…1905年1月23日は日本狼が絶滅した日

    山の神が消えた…1905年1月23日は日本狼が絶滅した日

    tenki.jp

    1/23

  • 長く滞在するとグッ! “金運アップ”神社12選

    長く滞在するとグッ! “金運アップ”神社12選

    週刊朝日

    12/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す