「ボロ市」へ行こう! 師走の街に立つ庶民の「フリーマーケット」

2022/12/08 20:30

年の瀬といわれるようになると木枯らしも身体に沁みてきます。この時期に開かれるのが「ボロ市」や「歳の市」。今年を納め新しい年を迎える準備のために立つ市です。今年はまだまだ制限がありますが、三年ぶりの開催が発表され、多くの人々に安堵と希望をもたらしています。今年は単純明快に人が作り出す賑わいの楽しさや豊かさを実感して、来年につなげていけたらと思っています。寒さの中ですが、ほっこりできる市へ出かけてみませんか?

あわせて読みたい

  • 秋の京都でぜひ訪れたい「世界を旅するような」新スポットとは?
    筆者の顔写真

    ナカムラユキ

    秋の京都でぜひ訪れたい「世界を旅するような」新スポットとは?

    dot.

    10/2

    フランスの生活習慣や文化を365のコラムで紹介。心地よく生きるヒントが詰まった一冊

    フランスの生活習慣や文化を365のコラムで紹介。心地よく生きるヒントが詰まった一冊

    BOOKSTAND

    7/7

  • がんばれ北海道!北海道の魅力と元気がギュッと詰まった魅惑の「市場」をご紹介!

    がんばれ北海道!北海道の魅力と元気がギュッと詰まった魅惑の「市場」をご紹介!

    tenki.jp

    9/26

    市場が移転する豊洲が「臨海都市」に変貌できた経緯とは?

    市場が移転する豊洲が「臨海都市」に変貌できた経緯とは?

    AERA

    10/4

  • 廃材使ったメーカーズブーム 中心地はブルックリン

    廃材使ったメーカーズブーム 中心地はブルックリン

    AERA

    11/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す