夜空にぬっと巨体を突き出すおうし座。その姿には太古の信仰と祭儀の秘密が?

2022/11/19 17:00

秋から冬にかけては、黄道十二宮のひとつであるおうし座(Taurus)が夜通しみられる季節。その季節の開幕を告げるように、毎年10月後半頃からおうし座流星群が極大となります。
しかしこのおうし座、さまざまな点で他の星座とは異なる特徴を持つ謎の多い星座。今回はおうし座について掘り下げていきましょう。

あわせて読みたい

  • 「プレアデス星団」をめぐる物語。和名は「すばる」。2月下旬からは火星との共演に注目!

    「プレアデス星団」をめぐる物語。和名は「すばる」。2月下旬からは火星との共演に注目!

    tenki.jp

    2/26

    「プレアデス星団は6人の兄弟?」「カシオペア座は船の錨(いかり)?」。日本とアジアの星物語(秋編)

    「プレアデス星団は6人の兄弟?」「カシオペア座は船の錨(いかり)?」。日本とアジアの星物語(秋編)

    tenki.jp

    11/10

  • 北海道 夜空に浮かぶ美しい娘達

    北海道 夜空に浮かぶ美しい娘達

    tenki.jp

    11/21

    12月後半は天体イベントがにぎやか!黄道十二宮星座から自分の星座を見つけてみよう

    12月後半は天体イベントがにぎやか!黄道十二宮星座から自分の星座を見つけてみよう

    tenki.jp

    12/17

  • ペルセウス座を中心に繰り広げられる秋の星空の神話絵巻を楽しみましょう

    ペルセウス座を中心に繰り広げられる秋の星空の神話絵巻を楽しみましょう

    tenki.jp

    9/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す