赤い実をつける「イチイ」。北海道では「オンコ」とよぶ

2022/11/16 20:30

北海道や東北の民家の庭先、公園や街路樹などでよく見られるイチイの木は、秋になると小さな赤い実をつける針葉樹。冬になっても枯れない常緑樹で、民家の庭で丸っこい円錐形に刈り込まれている姿をよく見かけます。子どものころ、この赤い実をつまんで食べたという思い出がある昭和世代も多いのでは。このイチイ、北海道では「オンコ」とよばれ、黄色い実をつける珍しい品種もあるとか。今回はこのイチイについてご紹介します。

あわせて読みたい

  • 「南天」 「ハナミズキ」 「クコ」。それぞれに“物語”がある、身近な赤い実たち

    「南天」 「ハナミズキ」 「クコ」。それぞれに“物語”がある、身近な赤い実たち

    tenki.jp

    10/18

    北海道の街路樹 「ナナカマド」。冬でも赤いままの実は、鳥たちの大切なごちそう !!

    北海道の街路樹 「ナナカマド」。冬でも赤いままの実は、鳥たちの大切なごちそう !!

    tenki.jp

    10/12

  • 秋に赤い実がなるナナカマド。春は白い花が咲きます

    秋に赤い実がなるナナカマド。春は白い花が咲きます

    tenki.jp

    5/22

    北海道にハマナスの花が咲くころになりました

    北海道にハマナスの花が咲くころになりました

    tenki.jp

    6/24

  • 秋の小鳥たちが集まる赤い実のなる木、何の木かご存知ですか?

    秋の小鳥たちが集まる赤い実のなる木、何の木かご存知ですか?

    tenki.jp

    11/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す