「小春日和」があれば「木枯らし」も吹くのが「十一月」! 季節は変わり目です

2022/11/01 20:30

今年も残り二ヶ月と知ると何やら気ぜわしく感じてしまうのが「十一月」。年の終わりに慌てないように、と今年の締めくくりを考え始める頃合いでもあります。とはいえ本格的な寒さ到来にはまだ間がある今、深まる秋の穏やかな日差しをゆっくりと味わいたいものです。和風名では「霜月」といい初霜のたよりも聞かれる頃になります。早朝に降りた霜が朝日に輝くようすは思わず見とれてしまう美しさ。秋の名残から冬へと移り変わる季節のとっておきを、さあ探しにまいりましょう。

あわせて読みたい

  • 「立冬」もう冬なの!? それなら明るい冬の始まりを探したい!

    「立冬」もう冬なの!? それなら明るい冬の始まりを探したい!

    tenki.jp

    11/7

    二十四節気「立冬」。山茶花が咲き始め、冬の到来を告げるころ

    二十四節気「立冬」。山茶花が咲き始め、冬の到来を告げるころ

    tenki.jp

    11/7

  • 二十四節気「立冬」。木枯らし一号も吹き、樹木が思い思いに色づくころ

    二十四節気「立冬」。木枯らし一号も吹き、樹木が思い思いに色づくころ

    tenki.jp

    11/7

    武蔵野は十一月の欅かな—初冬の歳時記を楽しむ

    武蔵野は十一月の欅かな—初冬の歳時記を楽しむ

    tenki.jp

    11/21

  • 今日から霜月、寒さはやって来ますが思いきって「風雅」に過ごしてみませんか?

    今日から霜月、寒さはやって来ますが思いきって「風雅」に過ごしてみませんか?

    tenki.jp

    11/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す