ホトトギスが南に去る頃に出現する、もう一つのホトトギスとは?

2022/10/31 20:30

初夏、南から繁殖に日本列島にやってくる渡り鳥のホトトギス。秋に、カモなどの冬鳥が徐々に渡ってくるようになると、ツバメやカッコーなどの夏鳥とともに南へと帰っていきます。日本人が古来愛するホトトギスを惜しむように、この時期に咲き始める美しい花があります。その名もずばりホトトギス。日本列島は、ホトトギスの仲間の特産地であり、原産地と考えられています。

あわせて読みたい

  • 夏の夜更けに一声鳴くのは時鳥?郭公?~平安和歌に見られるホトトギス~

    夏の夜更けに一声鳴くのは時鳥?郭公?~平安和歌に見られるホトトギス~

    tenki.jp

    5/27

    二十四節気「立夏」。唱歌「夏は来ぬ」にこめられた心とは?

    二十四節気「立夏」。唱歌「夏は来ぬ」にこめられた心とは?

    tenki.jp

    5/6

  • 戸川純 歌手活動35周年記念作品『わたしが鳴こうホトトギス』12月リリース

    戸川純 歌手活動35周年記念作品『わたしが鳴こうホトトギス』12月リリース

    Billboard JAPAN

    10/17

    ユリ王国は極東にあり!日本の山野は美しい自生ユリの宝庫だった

    ユリ王国は極東にあり!日本の山野は美しい自生ユリの宝庫だった

    tenki.jp

    6/26

  • 托卵するカッコウは、ずるくて残忍な鳥? 七十二候<霜止出苗(しもやみて なえいずる)>

    托卵するカッコウは、ずるくて残忍な鳥? 七十二候<霜止出苗(しもやみて なえいずる)>

    tenki.jp

    4/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す