十月の呼び名は多彩!それぞれの名前にはちゃんと理由があるんです

2022/10/01 17:00

十月の別名といえば「神無月」が知られていますが、他にも多くの別名が付けられています。稲が稔り、菊が咲き、山々が色づいて自然界が大きく姿を変える時季だからでしょうか。気がつけば日が落ちるのが早くなり、夜は長く、過ごしかたや楽しみかたもさまざま。今年も残り3ヶ月と気づいても焦ってはいけません、十月ならまだまだ余裕があります。心地よい空気を存分に楽しめる時季を逃す手はありません。まずじっくりと秋を楽しんでおくのが得策とは思いませんか。

あわせて読みたい

  • 「神無月」それとも「神在月」? 澄んだ青空に飛来する渡り鳥。秋の深まる10月です

    「神無月」それとも「神在月」? 澄んだ青空に飛来する渡り鳥。秋の深まる10月です

    tenki.jp

    10/1

    初夏ですが…麦は秋を迎えます!「麦秋至(むぎのときいたる)」

    初夏ですが…麦は秋を迎えます!「麦秋至(むぎのときいたる)」

    tenki.jp

    5/30

  • 晩秋へ、二十四節気「寒露」。きらきらと輝いていた露も冷気にかたく結ばれます

    晩秋へ、二十四節気「寒露」。きらきらと輝いていた露も冷気にかたく結ばれます

    tenki.jp

    10/8

    二十四節気は「小満」へ、精気はみなぎり命が育まれていく音が聞こえてきます

    二十四節気は「小満」へ、精気はみなぎり命が育まれていく音が聞こえてきます

    tenki.jp

    5/20

  • 立秋。8月の田圃はこの時季大きく変わります!

    立秋。8月の田圃はこの時季大きく変わります!

    tenki.jp

    8/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す